話題の記事

AWS CloudShellでSLを走らせてみた #reinvent

2020.12.16

中山です

はい、ネタです。

本日、AWS CloudShellがリリースされました。

AWS CloudShell – Command-Line Access to AWS Resources

ということで、AWSリソースの操作は一旦おいといて(?!)みんな大好きslコマンドを実行できるか確認しました。

mtoyoda / sl

そもそも、任意のパッケージをインストールできるのか?

できます。ただし、自己責任でおなしゃす。

Installing software on your shell environment

準備

まずはCloudShellを開きます。

以下のパッケージやライプラリをインストールします。

sudo yum install gcc ncurses-devel

また、ソースをダウンロードしてコンパイルします。

git clone https://github.com/mtoyoda/sl.git
cd sl
make

出発!

指差確認をして、いざ出発です。ヨシ!

./sl

結果はこちら。

・・・走ったぁぁぁぁぁ!w

廃線

CloudShell環境の初期化はこちらをご確認ください。

To delete your home directory and reset AWS CloudShell

まとめ

ということで、いい感じに走らせることができました。 煙のところとかしっかり表現されていましたね。

これはネタですが、実務でもいい感じに活用していきたいですね。

現場からは以上です。