【Slack】 絵文字と装飾のショートカットを覚えよう!

2015.08.31

はじめに

こんにちは!
つい最近、 Slack に Emoji reactions という機能が追加されました。いままでメッセージで表現していた「了解」のような意思は、この機能で代替すると非常に便利です。
今回は、Emoji reactions を含め、使いこなせると便利な Slack の装飾表現機能とそのショートカットについておさらいしましょう!

前提環境

本記事は Mac OS X 版 Slack アプリの Version 1.1.3 を対象としています。

目次

Emoji

メッセージに絵文字を含める。

スクリーンショット 2015-08-31 12.16.37

キーボードショートカット

入力コマンド 動作
Shift + Command + \ 入力可能な絵文字の一覧を表示する。続けて文字を入力すると、絵文字を検索する。

メッセージコマンド

入力 動作
:emoji_name: 絵文字 (emoji_name) を表示する。 入力中に Tab キーを押すと補完または推論する。

Emoji reactions

メッセージにリアクション絵文字を付ける。

スクリーンショット 2015-08-31 11.59.09

メッセージコマンド

入力メッセージ 動作
+:emoji_name: 直前のメッセージにリアクション絵文字 (emoji_name) を付ける
-:emoji_name: 直前のメッセージにつけたリアクション絵文字 (emoji_name) を外す

Formatting

文字の強調 (Emphasis)

文字を強調して表示する。

スクリーンショット 2015-08-31 11.34.20

メッセージコマンド

入力メッセージ 動作
*サンプルメッセージ* サンプルメッセージを太字で表示する。
_サンプルメッセージ_ サンプルメッセージを斜体で表示する。

これらのメッセージコマンドは、入力の直前と直後に半角スペースがないと動作しません。

リスト

リストシンボル(黒いまる)を表示する。

スクリーンショット 2015-08-31 11.44.38

メッセージコマンド

入力 動作
(入力中に)Option + 8 リストシンボルを入力する。

まとめ

  • メッセージコマンドとキーボードショートカットを駆使して、Slack メッセージを楽しく使いましょう。

ではまた!

参考