Tableau 2019.3 新機能紹介:「Ask Data」をWebページに埋め込めるようになりました #tableau

埋め込みたいその想い
2019.09.19

こんちわ。DA事業本部@大阪オフィスの玉井です。

日本時間2019年09月18日(水)、Tableauの最新バージョンとなる「v2019.3」がリリースされました。

当エントリでは、バージョン2019.3の新機能の中から「Ask Dataの埋め込み(『データに聞く』機能の改良)」についてご紹介したいと思います。

概要

Tableau ServerにはAsk Dataという機能があります。簡単にいうと、自然言語でデータに対して問い合わせができるというものです。詳細は下記エントリをどうぞ。

で、今回のこの新機能は、そのAsk Dataを別のWebページに埋め込めるというものです。

やってみた

Ask Dataの埋め込みコード取得

Ask Dataを使用したいデータソースの画面まで移動して、「データに聞く」のTableau Serverを選択します。

何かしらの問い合わせを行うと、Ask Data専用の画面に遷移します。ここまでは従来と同様です。しかし、画面上部をよく見ると、タグアイコンっぽいアイコン(?)があるので、それを選択します。

Ask Dataの埋め込み用コードが表示されるのでコピります。

埋め込む

今回は下記のようなテキトーなHTMLを用意しました。すでにAsk Dataコードも埋め込んでいます。

<html>

<body>
    <div id="outer">
        <div id="header">
            <h1>Ask Dataのテスト</h1>
        </div>
        <div id="main">
            <div class="content">
                <h2>iframeで埋め込みできる</h2>
                <iframe src='http://xxxxxxxxxxx/askData/ビューの名前'
                    style='width: 100%; height: 600px; border: 0'></iframe>
            </div>
        </div>
</body>

</html>

Webブラウザで表示すると、まずTableau Serverにサインインするよう促されます。ここはビューの埋め込みと同じ挙動ですね(同ブラウザですでにTableau Serverにサインインしている場合は、こちらではサインインはスキップできる)。

すると、まさにAsk Dataの画面がそのまま表示されました。

ちゃんとデータに対して質問ができます。

ビューは埋め込まれない

今回埋め込んでいるのはあくまでAsk Dataの機能のみとなります。そのデータを使用しているダッシュボードやビューは埋め込まれません。既存のビュー埋め込みと混同しないようにしましょう。

おわりに

結構斬新な機能のため、パッとユースケースが思い浮かびませんが、社内ポータルなどに埋め込んでおくことで、各ユーザーが自由にデータに質問できる環境を用意できそうですね。あと、個人的には、このAsk Data埋め込みも、信頼できる認証が機能するのかどうかが気になっています。