Tableau ベータ版のご紹介

2020.09.04

(For English, click here)

Tableau ベータ版

Tableau ソフトウェアは、さまざまな機能と無限の回避策を備えた多数のデータ分析手法を提供します。

ほとんどのユーザーが安定版に満足していますが、ベータ版を使用することによって最新情報や機能を入手することが出来ます。

ベータ版はTableauのプレリリースバージョンであり、今後の新機能と進歩を強調しています。これには、リリースされていない機能を使う利点と、ソフトのアップグレードで発生する可能性があるハードルを予測する利点があります。

興味のある方は、コミュニティアカウントを使用してこちらから入手することができます。

Pre-release Tableau (Beta)

ログイン後は以下のメニューが現れます:

ベータプログラムでは基本的に:Developer Program, Tableau ソフトのベータ版, フィードバックなどが含まれます。それ以外に秘密保持契約書 (NDA)、ユーザー設定があります。

Developer Program がプログラマー向けです。Tableau プラットホームを様々なところにコラボする目的の方がこれを役立ちます。例:ダッシュボードをホームページにエンベッドしたり、API 利用したり、サーバー上のオートメーションなどを利用したりなど。このDeveloper Program に参加するとTableau Online のサンドボックスを利用することが出来ます。さらに、Tableau ソフトの開発チームと交流したり、リリース前の新機能を試したり、フィードバックしたり、バグを報告することも出来ます。

Tableau ソフトのベータ版ではリリース前の新バージョンを様々の環境で試すことが出来ます。例:デスクトップ、サーバー、モバイル、など。バージョンを評価したり、テストしてバグなどを発見したり、フィードバック送ることが出来ます。

ベータプログラムで最も重要とするのがフィードバック送ること。個人の環境や設定でどんなバグや不具合が現れるのかは Tableau 開発チームが知りたいです。

終わりに

Tableau ベータ版ではリリース前の新機能やインターフェースを試すことが出来ます。ユーザーが個人の理解を更新し、先を行く。