【レポート】クラウドアーキテクチャの進化 #reinvent

クラウドアーキテクチャの採用ニーズの多様化、考え方の進化に伴う AWS 構築におけるアプローチのノウハウ

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

Introduction

Notable Changes in Cloud Architecture

  • ベストプラクティスが公式化
  • クラウドを採用する理由がバラバラ
  • 専門性がもっと求められる

AWS Well-Architected Framework

https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/wellarchitected/latest/userguide/intro.html

2018年から展開された「AWS Well-Architected Tool」を通して常にお客様とパートナー企業にベストプラクティスを提供

AWS Well-Architected Lenses

https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/wellarchitected/latest/userguide/lenses.html

公式化されたベストプラクティスをもとに特定な領域を評価し改善が必要な箇所が可視化

  • 種類
    • SaaS
    • Financial Services
    • Analytics
    • ML
    • IoT
    • HPC
    • Serverless

AWS Well-Architected Evolution

  • 2012: AWS 社内で Well-Architected を展開
  • 2015: パトーナーに Well-Architected 及び Well-Architected Framework を提供
  • 2016: 評価ポイントを定義しに行く
  • 2018: Well-Architected Tool を展開
  • 2020: 様々な Well-Architected Lenses を展開

AWS Well-Architected Tool APIs

https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2020/12/apis-now-available-for-aws-well-architected-tool/

AWS Well-Architected の機能とベストプラクティス、学習などを既存のアーキテクチャやアプリケーション、ワークフローにて拡張が可能

  • 既存の管理ツールとの連携
  • ベストプラクティスに沿ったレビューの自動化
  • 既存のクラウドモニタリングツールを利用しレビューを自動化
  • Well-Architected データを引っ張ってくるのが可能

AWS Well-Architected Tool API Partner Integrations

https://aws.amazon.com/jp/blogs/apn/new-apis-enable-aws-partners-to-scale-well-architected-principles-across-teams-and-systems/

  • CloudCheckr
  • Continuity Software
  • Datadog
  • nOps
  • Splunk
  • Trend Micro
  • Turbot

Architecture Going Forward

  • 自動化
  • カスタムのベストプラクティス

Architecture Resources

Comments

豊かなノウハウが含まれているベストプラクティスをサービス化したのは新鮮な発想だと思いました。そして、特定な領域の様々なユースケースを公式化されたベストプラクティスをもとにチェックし少しずつ改善して行くのが可能になると思うので、システムの問題を洗い出す作業にかかる時間が結構節約できる気がします。来年は Well-Architected に AI が加味された Well-Architected Bot とかが出てくることを楽しみにしています。

この記事が誰かのお役に立てれば幸いです。

以上、CX事業本部 MADチーム、キム (@sano3071) でした。