Matterport SDK for Embeds packageのチュートリアルをやってみた

Matterport SDK for Embeds packageのチュートリアルをやってみた

Clock Icon2023.02.07

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

こんにちは、CX事業本部 Delivery部の若槻です。

デジタルツインプラットフォームであるMatterportでは、開発者向けのSDKやAPIが提供されており、Matterportで作成されたSpaceをカスタマイズしたりアプリに統合したりすることができます。

今回は、Matterport SDKに入門するために「Matterport SDK for Embeds package」のチュートリアルをやってみました。

SDK for Embedsを使用することにより、Webアプリ上で次のような実装が可能となります。

  • Webアプリから3D Showcaseを制御します。たとえば、ユーザーがWebページのボタンをクリックして、Matterport Space内の特定の場所に移動します。
  • 3D Showcaseからのイベントをリッスンし、Webアプリで応答します。たとえば、ユーザーがMatterport Spaceの特定の場所に移動したときに、サウンドまたはナレーションを再生します。

Embed機能に比べてよりインタラクティブで没入感のあるMatterport体験の提供が可能になりそうですね。

やってみた

次のチュートリアルに従ってやってみます。SDKを使用してMatterportの3D Showcaseをカスタムアプリ上に表示できるようにします。

プロジェクト管理ツールにはNPMとYarnが使えます。今回はnpmを使いました。

SDK Keyの取得

SDK Keyを取得します。

Matterportのポータルにサインしたら、Developer Tools SettingsよりSDK Keyを追加して取得します。

SDK Keyを発行した様子。アクセス元のドメインを制限でき、既定でlocalhostは許可されています。

またKeyはアカウントにつき最大で同時に1つしか発行できないようです。

プロジェクト環境の作成

プロジェクトフォルダを作成します。

mkdir mp-sdk
cd mp-sdk

NPMプロジェクトを初期化します。設定はすべてデフォルト値とします。

npm init

モジュールバンドラであるWebpackおよびその周辺プラグインをインストールします。

npm install --save-dev webpack webpack-cli webpack-dev-server html-webpack-plugin

プロジェクトルートにwebpack.config.jsファイルを作成します。

touch webpack.config.js

webpack.config.jsに次の内容を貼り付けます。これによりdist配下にバンドルファイルが出力されるようになります。

const HtmlWebpackPlugin = require('html-webpack-plugin');
const path = require('path');

module.exports = {
  entry: './index.js',
  output: {
    path: path.resolve(__dirname, './dist'),
    filename: 'index_bundle.js',
  },
  plugins: [new HtmlWebpackPlugin()],
};

package.jsonscriptsプロパティに次の記述を追加します。

"scripts": {
  "dev": "webpack serve --mode=development",
  "build": "webpack"
}

プロジェクトルートにindex.jsを追加します。

touch index.js

ここまでの作業によりプロジェクトルートに次のファイルおよびフォルダが作成されました。

| node_modules
| index.js
| package.json
| webpack.config.json

SDKパッケージの追加

npmより@matterport/sdkをインストールします。(配信ページを見るとアクティブにメンテされているようで安心しました)

npm install @matterport/sdk

index.jsに次のコードを貼り付けます。Keyを使用してSDKの初期化を行うだけのコードです。MATTERPORT_SDK_KEYには冒頭で取得したSDK Keyを指定します。

import { setupSdk } from '@matterport/sdk'

const main = async () => {
  // Initialize SDK here
  const mpSdk = await setupSdk("MATTERPORT_SDK_KEY")
}
main().catch(err => console.error('Error:', err))

次のコマンドを実行してindes.jsをwebpack-dev-serverで起動します。

npm run dev

localhost:8080にアクセスすると、デモ用のショーケースを表示できました。

SDKを使用する

次のハイライト行をindex.jsに追加します。

import { setupSdk } from '@matterport/sdk'

const main = async () => {
  // Initialize SDK here
  const mpSdk = await setupSdk("MATTERPORT_SDK_KEY")

  await mpSdk.App.state.waitUntil(state => state.phase === mpSdk.App.Phase.PLAYING)
  mpSdk.Camera.rotate(35, 0)
}
main().catch(err => console.error('Error:', err))

ロード完了時にカメラを自動的に回転させることができます。

おわりに

Matterport SDK for Embeds packageのチュートリアルをやってみました。

このSDKを活用すればMatterportを利用したアプリケーションの実装の幅が大きく広がりそうですね。

以上

この記事をシェアする

facebook logohatena logotwitter logo

© Classmethod, Inc. All rights reserved.