R6iインスタンスが東京リージョンで利用可能になりました

2021.12.15

この記事はアノテーション株式会社 AWS Technical Support Advent Calendar 2021のカレンダー | Advent Calendar 2021 - Qiita 15日目の記事です。

2021年12月13日、東京リージョンで最新世代の Intel(R) Xeon(R) Platinum 8375C CPUを搭載した新しいインスタンスであるR6iインスタンスが利用可能となりました。
詳細を紹介させていただきます。

Amazon EC2 R6i instances are now available in 8 additional regions

Starting today, Amazon EC2 R6i instances are available in additional AWS Regions US West (N. California), Asia Pacific (Mumbai), Asia Pacific (Seoul), Asia Pacific (Singapore), Asia Pacific (Sydney), Asia Pacific (Tokyo), Europe (London), and Europe (Paris).

インスタンスタイプ情報

AWSコンソール上で利用可能を確認しました。

R5インスタンスと比較すると

  • より大きなインスタンスサイズ (r6i.32xlarge) で 128 vCPU と 1,024 GiB のメモリを搭載し、ワークロードの統合やアプリケーションのスケールアップをより簡単に、よりコスト効率よく行うことができます。
  • 最大 15% 向上したコンピューティングプライスとパフォーマンス
  • メモリ帯域幅が最大 20% 向上
  • Amazon Elastic Block Store (EBS) では最大 40 Gbps、ネットワーキングの場合は最大 50 Gbps で R5 インスタンスの 2 倍に
  • 常時オンのメモリ暗号化

R6i の詳細情報

以下の環境で起動してみました。

  • リージョン : 東京
  • AMI : amzn2-ami-kernel-5.10-hvm-2.0.20211201.0-x86_64-gp2
  • インスタンスタイプ : r6i.large

cpuinfo

$ cat /proc/cpuinfo
processor       : 0
vendor_id       : GenuineIntel
cpu family      : 6
model           : 106
model name      : Intel(R) Xeon(R) Platinum 8375C CPU @ 2.90GHz
stepping        : 6
microcode       : 0xd0002b1
cpu MHz         : 3514.604
cache size      : 55296 KB
physical id     : 0
siblings        : 2
core id         : 0
cpu cores       : 1
apicid          : 0
initial apicid  : 0
fpu             : yes
fpu_exception   : yes
cpuid level     : 27
wp              : yes
flags           : fpu vme de pse tsc msr pae mce cx8 apic sep mtrr pge mca cmov pat pse36 clflush mmx fxsr sse sse2 ss ht syscall nx pdpe1gb rdtscp lm constant_tsc rep_good nopl xtopology nonstop_tsc cpuid aperfmperf tsc_known_freq pni pclmulqdq ssse3 fma cx16 pcid sse4_1 sse4_2 x2apic movbe popcnt tsc_deadline_timer aes xsave avx f16c rdrand hypervisor lahf_lm abm 3dnowprefetch invpcid_single ssbd ibrs ibpb stibp ibrs_enhanced fsgsbase tsc_adjust bmi1 avx2 smep bmi2 erms invpcid avx512f avx512dq rdseed adx smap avx512ifma clflushopt clwb avx512cd sha_ni avx512bw avx512vl xsaveopt xsavec xgetbv1 xsaves wbnoinvd ida arat avx512vbmi pku ospke avx512_vbmi2 gfni vaes vpclmulqdq avx512_vnni avx512_bitalg avx512_vpopcntdq rdpid md_clear flush_l1d arch_capabilities
bugs            : spectre_v1 spectre_v2 spec_store_bypass swapgs
bogomips        : 5799.99
clflush size    : 64
cache_alignment : 64
address sizes   : 46 bits physical, 48 bits virtual
power management:

processor       : 1
vendor_id       : GenuineIntel
cpu family      : 6
model           : 106
model name      : Intel(R) Xeon(R) Platinum 8375C CPU @ 2.90GHz
stepping        : 6
microcode       : 0xd0002b1
cpu MHz         : 3508.711
cache size      : 55296 KB
physical id     : 0
siblings        : 2
core id         : 0
cpu cores       : 1
apicid          : 1
initial apicid  : 1
fpu             : yes
fpu_exception   : yes
cpuid level     : 27
wp              : yes
flags           : fpu vme de pse tsc msr pae mce cx8 apic sep mtrr pge mca cmov pat pse36 clflush mmx fxsr sse sse2 ss ht syscall nx pdpe1gb rdtscp lm constant_tsc rep_good nopl xtopology nonstop_tsc cpuid aperfmperf tsc_known_freq pni pclmulqdq ssse3 fma cx16 pcid sse4_1 sse4_2 x2apic movbe popcnt tsc_deadline_timer aes xsave avx f16c rdrand hypervisor lahf_lm abm 3dnowprefetch invpcid_single ssbd ibrs ibpb stibp ibrs_enhanced fsgsbase tsc_adjust bmi1 avx2 smep bmi2 erms invpcid avx512f avx512dq rdseed adx smap avx512ifma clflushopt clwb avx512cd sha_ni avx512bw avx512vl xsaveopt xsavec xgetbv1 xsaves wbnoinvd ida arat avx512vbmi pku ospke avx512_vbmi2 gfni vaes vpclmulqdq avx512_vnni avx512_bitalg avx512_vpopcntdq rdpid md_clear flush_l1d arch_capabilities
bugs            : spectre_v1 spectre_v2 spec_store_bypass swapgs
bogomips        : 5799.99
clflush size    : 64
cache_alignment : 64
address sizes   : 46 bits physical, 48 bits virtual

dmesg

$ dmesg
[    0.000000] Linux version 5.10.75-79.358.amzn2.x86_64 (mockbuild@ip-10-0-40-76) (gcc10-gcc (GCC) 10.3.1 20210422 (Red Hat 10.3.1-1), GNU ld version 2.35-21.amzn2.0.1) #1 SMP Thu Nov 4 21:08:30 UTC 2021
[    0.000000] Command line: BOOT_IMAGE=/boot/vmlinuz-5.10.75-79.358.amzn2.x86_64 root=UUID=a79c006f-96af-49dc-a71a-2779441678a3 ro console=tty0 console=ttyS0,115200n8 net.ifnames=0 biosdevname=0 nvme_core.io_timeout=4294967295 rd.emergency=poweroff rd.shell=0
[    0.000000] KASLR enabled
[    0.000000] x86/fpu: Supporting XSAVE feature 0x001: 'x87 floating point registers'
[    0.000000] x86/fpu: Supporting XSAVE feature 0x002: 'SSE registers'
[    0.000000] x86/fpu: Supporting XSAVE feature 0x004: 'AVX registers'
[    0.000000] x86/fpu: Supporting XSAVE feature 0x020: 'AVX-512 opmask'
[    0.000000] x86/fpu: Supporting XSAVE feature 0x040: 'AVX-512 Hi256'
[    0.000000] x86/fpu: Supporting XSAVE feature 0x080: 'AVX-512 ZMM_Hi256'
[    0.000000] x86/fpu: Supporting XSAVE feature 0x200: 'Protection Keys User registers'
[    0.000000] x86/fpu: xstate_offset[2]:  576, xstate_sizes[2]:  256
[    0.000000] x86/fpu: xstate_offset[5]:  832, xstate_sizes[5]:   64
[    0.000000] x86/fpu: xstate_offset[6]:  896, xstate_sizes[6]:  512
[    0.000000] x86/fpu: xstate_offset[7]: 1408, xstate_sizes[7]: 1024
[    0.000000] x86/fpu: xstate_offset[9]: 2432, xstate_sizes[9]:    8
[    0.000000] x86/fpu: Enabled xstate features 0x2e7, context size is 2440 bytes, using 'compacted' format.
[    0.000000] BIOS-provided physical RAM map:
[    0.000000] BIOS-e820: [mem 0x0000000000000000-0x000000000009fbff] usable
[    0.000000] BIOS-e820: [mem 0x000000000009fc00-0x000000000009ffff] reserved
[    0.000000] BIOS-e820: [mem 0x00000000000f0000-0x00000000000fffff] reserved
[    0.000000] BIOS-e820: [mem 0x0000000000100000-0x00000000bffe8fff] usable
[    0.000000] BIOS-e820: [mem 0x00000000bffe9000-0x00000000bfffffff] reserved
[    0.000000] BIOS-e820: [mem 0x00000000e0000000-0x00000000e03fffff] reserved
[    0.000000] BIOS-e820: [mem 0x00000000fffc0000-0x00000000ffffffff] reserved
[    0.000000] BIOS-e820: [mem 0x0000000100000000-0x000000042effffff] usable
[    0.000000] BIOS-e820: [mem 0x000000042f000000-0x000000043fffffff] reserved
[    0.000000] NX (Execute Disable) protection: active
[    0.000000] SMBIOS 2.7 present.
[    0.000000] DMI: Amazon EC2 r6i.large/, BIOS 1.0 10/16/2017

対応リージョン

現時点(2021年12月14日)での対応リージョンです。

  • バージニア北部
  • オレゴン
  • オハイオ
  • 北カリフォルニア
  • ムンバイ
  • シドニー
  • ソウル
  • 東京
  • シンガポール
  • パリ
  • アイルランド
  • ロンドン

まとめ

先行リージョンから三週間遅れで東京リージョンにR6iインスタンスが利用できるようになりました。
SAP Certified を取得しており、SQL や NoSQL データベース、Memcached や Redis などの分散型ウェブスケールインメモリキャッシュ、インメモリデータベース、Apache Hadoop や Apache Spark クラスターなどのリアルタイムビッグデータ分析など、メモリを多用するワークロードに最適です。
新規構築や移行の際にご要件と照らし合わせてご検討ください。

参考資料

[1]新機能— 最新世代のインテル Xeon スケーラブルプロセッサを搭載した Amazon EC2 R6i メモリ最適化インスタンス | Amazon Web Services ブログ
[2]「R6i」最新IntelCPUを搭載したメモリ最適化インスタンスがリリースされました | DevelopersIO

アノテーション株式会社について

アノテーション株式会社は、クラスメソッド社のグループ企業として「オペレーション・エクセレンス」を担える企業を目指してチャレンジを続けています。「らしく働く、らしく生きる」のスローガンを掲げ、様々な背景をもつ多様なメンバーが自由度の高い働き方を通してお客様へサービスを提供し続けてきました。現在当社では一緒に会社を盛り上げていただけるメンバーを募集中です。少しでもご興味あれば、アノテーション株式会社WEBサイトをご覧ください。