1Passwordの非ユーザーとも安全にパスワードを共有できる機能「Psst!」でログイン情報をシェアしてみた

非ユーザーともシェアできるところがスバラシ
2021.10.30

ちゃだいん(@chazuke4649)です。

1Password使ってますか? 便利ですよね〜

先日、1Passwordにこんなアップデートがありました。

Psst! Now you can securely share 1Password items with anyone | 1Password

登録済みのパスワードなどのセキュアな情報を、1Passwordユーザー以外も含めた(!)、誰とでも安全に共有できる新機能 Psst! (Password Secure Sharing Tool)を発表しました。

めっちゃいいやん!と思ったので早速使ってみました。

やってみた

現時点ではPCのネイティブアプリでは実行できなかったので、Chromeブラウザでウェブアプリケーションにてやってみました。

まずは、Chromeで1Passwordを立ち上げ、任意のログイン情報を開きます。

いわゆるシェアボタンを押して、「共有」を選択します。

そうすると、共有するための設定画面が出てきました。

リンクの有効期限について、以下から選ぶことができます。(1回もあるのがいいですね)

  • 1回
  • 1時間
  • 7日
  • 14日
  • 30日

利用可能な対象についても選べます。

  • リンクを持っている誰でも
  • 一部のユーザーのみ

一部のユーザーのみを指定すると、メールアドレスが入力できるようになり、メールアドレスを送付した相手しかシェアされません。

今回は、「リンクを持っている誰でも」を選択し、URLをコピーします。

このリンクをChromeにてゲストモードでブラウザを開いてリンクを開いてみると、

ご覧の通り、ログイン情報を、ワンタイムパスワードも含めて、シェアすることができました。

超カンタンだこりゃ。

終わりに

1Passwordユーザーは(きっと)ID/PWを何でもかんでも1Passwordにため込む習性があると思います。多分それは正しい行為とも思います。そうしていれば、確実にこの手のシークレットはそこにあると確信できるし、かつ、今回それを安全に誰とでもシェアできるようになったのでさらに快適になりましたね。

業務上の利用方法でいうと、AWSのアクセスキーや秘密鍵(テキストの共有も可能)、DBやサーバの接続情報なども安全に管理・シェアできそうです。

それではこの辺で。ちゃだいん(@chazuke4649)でした。