[小ネタ] AWS License ManagerでRemote Desktop SALを単品でサブスクライブできるのか試してみた

2022.08.07

しばたです。

前の記事でVisual Studio入りAMIおよびAWS License Managerを色々調査しました。

その際に記事にした内容以外に

Remote Desktop Service SALを単品でサブスクライブできるのか?

という一点が非常に気になりました。

Remote Desktop Service SAL

Remote Desktop Service SAL(RDS SAL)はSPLA契約下で提供されるWindows Serverにサーバー管理用途以外でRDP接続する際に追加で必要となるライセンスです。 *1

Windows Serverのデフォルトではサーバー管理用途に限り2セッションまでRDP接続可能となっており、OS内部の設定もその様になっています。
サーバー管理以外での利用や多人数で同時利用したい場合はRDS SALを追加で購入し、SALを登録するRD License Serverを構築の上所定の設定変更をする必要があります。
細かい話は以下の記事をご覧ください。

このため、本来ライセンスとしてはVisual Studio SALとRDS SALは全く別物です。
AWSとしてはVisual Studioの利用は「開発」でありサーバー管理ではないという判断で両者セットでサブスクライブする形となっています。

私個人としてはこれは極めて妥当な判断だと思います。
ただ、せっかくRDS SALをサブスクライブできるならRDS SAL単品でサブスクライブしてVisual Studio以外の用途向けにもAWS License Managerを使えると嬉しいなと思ったわけです。

試してみた

動機としてはこんな感じなのでまずは試してみることにしました。

AWS License Managerからユーザーベースのサブスクリプションを確認すると下図の様にRDS SALも「サブスクライブ」ボタンが押せる様になっています。

これならRDS SAL単品でサブスクライブできそうだと初見では思ったのですが、詳細画面を見ると他の製品にあるサブスクライブやユーザーとの紐づけを編集するボタンがありませんでした...

画面上ではどちらか判断できないので、実際に「ユーザーをサブスクライブ」のボタンを押して処理を進めてみることにします。

普通にユーザー追加の画面に遷移したので新しいユーザー名を記載して「ユーザーをサブスクライブ」してみます。

結果は...残念ながら「不正な製品に対するサブスクライブ」というエラーになってしまいRDS SALを単品でサブスクライブすることは出来ませんでした。

製品 Remote Desktop Services SAL について、次のユーザーはサブスクライブされていませんでした。
ieyasu - Invalid product REMOTE_DESKTOP_SERVICES

マネジメントコンソールに問題があるかもしれないと思い、最新バージョンのAWS CLI(Ver.2.7.21)からaws license-manager-user-subscriptions start-product-subscriptionコマンドを試してみましたがこちらも同様のエラーとなりました。

# PowerShellコンソールで実行する場合
aws license-manager-user-subscriptions start-product-subscription `
    --identity-provider "ActiveDirectoryIdentityProvider={DirectoryId=対象ディレクトリID}" `
    --product REMOTE_DESKTOP_SERVICES `
    --username "対象ユーザー"

結果はこんな感じです。
(細かい話は割愛しますが、既存ユーザーの登録情報を確認するとプロダクトREMOTE_DESKTOP_SERVICESに対してライセンシングされており指定する名称が間違っているという事は無いはずです)

C:\> aws license-manager-user-subscriptions start-product-subscription `
>>     --identity-provider "ActiveDirectoryIdentityProvider={DirectoryId=d-xxxxxxxxxx}" `
>>     --product REMOTE_DESKTOP_SERVICES `
>>     --username ieyasu

An error occurred (ValidationException) when calling the StartProductSubscription operation: Invalid product REMOTE_DESKTOP_SERVICES

最後に

以上となります。

残念ながら現状RDS SALを単品でサブスクライブすることはできず、AWSで管理できるライセンスはあくまでもVisual Studioのみでした。

2022/8/11 追記 : マネジメントコンソールのUIが修正されました

本件ついてAWSサポートに確認したところ、マネジメントコンソールの不具合とのことで現在はUIが改善されRDS SALを選んでも「ユーザーをサブスクライブ」のボタンは押せない様になっています。

あと画面上部に出る警告メッセージも日本語化されていました。

脚注

  1. オンプレ環境の場合はRemote Desktop Service CAL(User CAL or Device CAL)が必要となります。用途は同じですがCALとSALはライセンスの互換性は無く別物です。