ELBの暖機申請について申請する目安はありますか?への回答

ELBの暖機申請について申請する目安について整理しました。
2020.11.15

コンニチハ、千葉です。

困っていたこと

  1. 暖機申請するときの目安はありますか?
  2. バックエンドのWebサーバーの処理能力は考えないとして、ALBはそれぞれ最小時はどの程度のアクセスをさばけますか?
  3. アクセス数が突然増大した場合、ALBの自動スケールアップが効くまでのタイムラグはおおよそどの程度となりますか?

回答

1. 暖機申請するときの目安はありますか?

過去ナレッジとしては、以下があります。

  • 5分間で50%以上のトラフィック増加があると、ELB自体のスケールが間に合わずにHTTP 503 レスポンスを返す期間がありえます。その場合には事前に暖気申請を頂くか、あるいは事前に段階的にELBに負荷をかけておくことが推奨されています。
  • 自動的に拡張/縮退しますが突発的なリクエスト上昇(目安:5分以内で数百~数千リクエスト/秒が急激に発生する)にてご検討ください。

参考:https://aws.typepad.com/sajp/2015/05/aws-black-belt-elb.html

ただし、最新の公式情報としては目安は公開されておりません。 トラフィックはアプリケーション特性にもより異なるため、唯一確実なのは実際に想定している負荷をかけて検証を行うことになります。

2. バックエンドのWebサーバーの処理能力は考えないとして、ALBはそれぞれ最小時はどの程度のアクセスをさばけますか?

ALBについては、アクセス負荷に応じて自動的にスケールしますので最小時という定義がありません。

3. アクセス数が突然増大した場合、ALBの自動スケールアップが効くまでのタイムラグはおおよそどの程度となりますか?

スケールのラグに関しましては、増加するリクエスト数やスパイク期間など状況により異なるため、一般的な回答がありません。プラクティスとしては想定されるリクエストにて負荷試験を実施し、問題ないことを確認することです。

以上、千葉がお送りしました。