Amazon AppFlow の カスタムコネクタ について教えてください

2022.04.30

困っていた内容

AppFlowで デフォルトで用意されていない接続先を追加できますか?

コンソール画面上に「新しいコネクタを登録」のボタンがあるのですが、どのように設定すればよいか教えてください。

どう対応すればいいの?

AppFlow に カスタムコネクタ を追加するためには、Custom Connector ソフトウェア開発キット (SDK) を使用して、カスタムコネクタを構築します。

2022年4月時点で、Python と Java のSDK が用意されています。

[1] Amazon AppFlow が Custom Connector SDK の提供を開始

投稿日: Feb 3, 2022
Custom Connector ソフトウェア開発キット (SDK) を使用して、Amazon AppFlow のカスタムコネクタを構築できるようになりました。SDK を使用すると、AppFlow のコネクタのライブラリに追加することで、プライベート API、オンプレミスのプロプライエタリシステム、およびその他のクラウドサービスに接続できます。オープンソースであり、Java と Python の両方で利用できます。

[3] Amazon AppFlow Custom Connector SDK (Python)
Amazon AppFlow カスタムコネクタ SDK 開発ガイド (Python)

※ ドキュメントを機械翻訳した内容を抜粋

SDKで開発されたコネクタは、非公開で使用したり、組織やパートナー内で共有したり、AWS Marketplace(https://aws.amazon.com/marketplace)で公開したりできます。

なお、送信元、もしくは送信先としてサポートされているアプリケーションについては、[5] のドキュメントをご覧ください。

[5] Supported source and destination applications - Amazon AppFlow
(サポートされているソースおよび宛先アプリケーション)

参考資料

[1] Amazon AppFlow が Custom Connector SDK の提供を開始

[2] Building custom connectors using the Amazon AppFlow Custom Connector SDK | AWS Compute Blog
Amazon AppFlow カスタムコネクタ SDK を使用したカスタムコネクタの構築

[3] Amazon AppFlow Custom Connector SDK (Python)
Amazon AppFlow カスタムコネクタ SDK 開発ガイド (Python)

[4] Amazon AppFlow Custom Connector SDK (Java)
Amazon AppFlow カスタムコネクタ SDK 開発ガイド (Java)

[5] Supported source and destination applications - Amazon AppFlow
サポートされているソースおよび宛先アプリケーション