Amazon Workmailにてメールを転送の際にJunkMailへ振り分けられました、なぜでしょうか。

2022.06.30

困っていた内容

EC2のシステムからSESを経由してあるメールアドレスからWorkMailで運用している同メールアドレスに対してメールを送信の際に、すべてのメールがJunkMailへ振り分けられました、なぜでしょうか。

発生原因

結論から言いますと、JunkMailと判定されたメールは 正しいE メールフロールールが適用されません。

AWSドキュメント確認

受信 E メールフロールールは、望ましくない E メールがユーザーのメールボックスに届かないようにするのに役立ちます。受信 E メールフロールール (ルールアクションとも呼ばれます) は、Amazon 内の任意のユーザーに送信されるすべての E メールメッセージに自動的に適用されます。
受信 E メールルールアクション - Amazon WorkMail

受信 E メールフロールールは、Amazon 内の任意のユーザーに送信されるすべての E メールメッセージに自動的に適用されます。 次のルールアクションは、受信メールの処理方法を定義します。各ルールで、送信者および受信者パターンと共に以下のいずれかのアクションを指定しま。

Deliver to junk folder:E メールメッセージは、もともと Amazon によってスパムとして認識されなくても、ユーザーのスパムまたは迷惑メールフォルダーに配信されます。
Never deliver to junk folder:E メールメッセージは、Amazon によってスパムとして識別されても、常にユーザーの受信トレイに配信されます。

対策

Amazon WorkMail でメールボックスから E メールをルーティングするには、受信箱ルールを使用します。
必要に応じて対象メールアドレスに下記受信 E メールルールアクション「Never deliver to junk folder」とのActionを設定してください。
Never deliver to junk folder アクションを設定することでE メールメッセージは、Amazon によってスパムとして識別されても、受信トレイに配信されます。

参考資料

[1]E メールルールの使用 - Amazon WorkMail
[2]Managing email flows