CloudFront で想定よりキャッシュヒット率が高くなる理由を教えてください

2021.03.31

困っていた内容

キャッシュが存在するエッジロケーションから地理的に離れた位置で CloudFront へアクセスした際もキャッシュが返却されます。まだエッジロケーションにキャッシュが存在しないはずなので、X-Cache:Miss from CloudFront レスポンスが返却されることを期待していたのですが、キャッシュが返却されたのはなぜでしょうか?

キャッシュヒット率の期待値を上回った理由が不明なため困っています。

どうしてキャッシュが返却されたの?

まずはじめに、キャッシュの HIT 率が高くなることはコンテンツ高速配信の観点では良いことですのでご安心ください。

理由としてはリージョナルエッジキャッシュ(リージョン別エッジキャッシュ)が返却されたから、X-Cache:Miss from CloudFront レスポンスにならなかったことが考えられます。

負荷テストなどの結果で想定するキャッシュヒット率より高くなる場合は、リージョナルエッジキャッシュが返却される可能性を考慮してください。

リージョナルエッジキャッシュは無料で CloudFront ディストリビューションにデフォルトで自動的に含まれます。CloudFront 利用者が意識的に設定を追加しなくても、キャッシュヒット率を上げてくれる便利な機能です。

特徴 - Amazon CloudFront | AWSより引用(2021/03/31 時点)

予想よりも良い結果なら困らない?

予想よりも良い結果が出ること、今回の例では期待値よりも高いキャッシュヒット率が出ることの説明が必要なケースは往々にしてあります。このような質問でもクラスメソッド メンバーズでは、可能な範囲でお客様の問題解決へ導きます。

参考資料