Amplify Console で承認制による自動デプロイを行う方法を教えてください

困っていた内容

Amplify Console でソースコードを commit すると自動でデプロイが実行されます。
自動デプロイ機能を利用せずに、別の機能でデプロイ前に承認者が変更内容の確認を行い、
変更に問題がなければ承認を行うことで、デプロイを実行されるように設定する方法はありますでしょうか。

どう対応すればいいの?

Amplify Console の Preview 機能を利用することで、デプロイ前の承認設定を設けることができます。

前提として、Amplify Console で作成されたアプリケーションのソースリポジトリとして Github を利用する必要がございます。
Github をソースリポジトリとして利用する際に、Amplify の Web Preview 機能 と連携させます。
その後、ソースコードの変更を本番環境へ反映する前に Github の PullRequest を行うと、新たなプレビュー用環境が本番環境とは分離した形で自動作成されます。
その際に、プレビュー用環境でのテストを行い問題がなければ、Github の PullRequest を承認いただくことで本番環境へのデプロイが実行されます。

以下に具体的な手順が記載されたブログがございますので、ご参照ください。

参考資料