Network Load Balancer (NLB)の DNS 解決設定とは

Network Load Balancer (NLB)の DNS 解決設定とは

Clock Icon2024.06.24 06:04

困っていること

マネジメントコンソールから NLB の「ロードバランサー属性を編集」画面を開くと、DNS 解決設定として「パブリック DNS」と「Route 53 Resolver」の二つが選択できますが、それぞれの動作の違いを教えてください。

どう対応すればいいの?

「パブリック DNS」と「Route 53 Resolver」は画面左側の各 DNS アフィニティー毎の動作を図示しているだけであり、選択した内容で NLB の設定が変更されるものではございません。 DNS アフィニティーの設定を検討する際の参考情報としてのみご参照ください。

補足

DNS アフィニティーとは

Route 53 Resolver 経由で NLB の名前解決を行ったクライアントに対し、そのクライアントが存在するアベイラビリティーゾーン(AZ)上にある NLB の IP を優先して返す様に出来る設定が DNS アフィニティーになります。
レイテンシへの影響や追加料金が伴う AZ 間通信を抑制できる可能性がありますので、構成によって設定の有効化をご検討ください。 なお、設定可能な値は以下の三種類となっています。

  • アベイラビリティーゾーンのアフィニティ
    • 呼び出し元クライアントと同じ AZ にある NLB のIP を 100% で返す設定になります。同 AZ 上に正常な NLB が存在しない場合は、他の AZ の NLB の IP が返されます。
  • 部分的なアベイラビリティーゾーンのアフィニティ
    • 呼び出し元クライアントと同じ AZ にある NLB のIP を 85% で返しますが、残りの 15% は他の AZ の NLB が返ってくる可能性があります。
  • 任意のアベイラビリティゾーン
    • デフォルトの名前解決動作です。全ての正常な AZ の NLB の IP が返却される可能性があります。( 名前解決に Route 53 Resolver を利用しない場合は全てこの動作になります)

参考資料

アベイラビリティゾーン DNS アフィニティー

この記事をシェアする

facebook logohatena logotwitter logo

© Classmethod, Inc. All rights reserved.