S3 Intelligent-Tiering のアーカイブインスタントアクセス階層は、事前に復元の必要がある階層か教えてください

2023.04.05

困っていること

料金の削減ため Amazon S3 ストレージ 設定を「S3 標準」から「S3 Intelligent-Tiering」へ変更する予定です。
オブジェクトへのアクセスが無くアーカイブインスタントアクセス階層へ移動した場合、アーカイブストレージ扱いとなり事前に復元の必要がある階層となるのか教えてください。

どう対応すればいいの?

ドキュメント記載の通り、S3 Intelligent-Tiering のアーカイブインスタントアクセス階層は、「アーカイブ」と記載されているものの、高頻度, 低頻度アクセス階層と同等にアクセスに際し事前の復元の必要がないアクセス階層です。

アーカイブインスタントアクセス階層 (自動)
オブジェクトが 90 日間連続してアクセスされない場合、オブジェクトはアーカイブインスタントアクセス階層に移行します。アーカイブインスタントアクセス階層は、低レイテンシーと高スループットのパフォーマンスを提供します。

S3 Glacier Deep Archive と混同されないように注意してください。

補足

S3 Intelligent-Tiering の階層で復元を必要とするものは、オプションで設定された場合に移行する「アーカイブアクセス」「ディープアーカイブアクセス」階層となります。

アーカイブアクセス階層(オプション)
S3 Intelligent-Tiering では、非同期的にアクセスできるデータのためにアーカイブアクセス層をアクティブ化するオプションが提供されます。アクティブ化された後、アーカイブアクセス階層は 90 日間以上してアクセスされなかったオブジェクトを自動的にアーカイブします。アーカイブの最終アクセス時間は、最大 730 日間まで延長できます。アーカイブアクセス階層は、S3 Glacier Flexible Retrieval ストレージクラスと同じパフォーマンスです。このアクセス階層の標準取得時間は、3 ~ 5 時間の範囲です。

参考資料