Amazon SES が利用する発信元 IP アドレスの確認方法

テクニカルサポートノート。サービス名: Amazon SES
2020.05.08

困っていた内容

Amzon SES 経由で送信されたメールが受信者でブロックされてしまいます。

Amzon SES が利用する発信元 IP アドレスを受信側にてホワイトリスト登録することで回避したいのです。

当該 IP アドレスの確認方法を教えてください。

どう対応すればいいの?

現時点(2020/05/08 T15:00時点)の Amzon SES が利用する発信元 IP アドレスは、 Linuxターミナルウィンドウの場合、以下のコマンド結果の通りになります。

$ dig TXT amazonses.com +short| grep 'v=spf1'
"v=spf1 ip4:199.255.192.0/22 ip4:199.127.232.0/22 ip4:54.240.0.0/18 ip4:69.169.224.0/20 ip4:23.249.208.0/20 ip4:23.251.224.0/19 ip4:76.223.176.0/20 -all"

つまり、

199.255.192.0/22
199.127.232.0/22
54.240.0.0/18
69.169.224.0/20
23.249.208.0/20
23.251.224.0/19
76.223.176.0/20

となります。

尚、これらの IP アドレスは変更される可能性があることに注意してください。 受信者側でのホワイトリスト登録が必要な場合は、変更にあわせて最新の上記 IP アドレスを全て登録する必要があります。

また代替策として、Amzon SES には「専用 IP アドレス」というオプションもあります。 こちらのオプションを利用することで、追加料金はかかりますが、割り当てられた IP から送信が可能になり、受信側にて設定を都度更新する必要がなくなるのであわせて検討ください。

参考情報

Amazon SES IP addresses

Amazon SES での専用 IP アドレスの使用

テクニカルサポートノートとは?

クラスメソッドのカルチャー(CLP) の「情報発信を通じて、全ての人々の創造活動に貢献し続ける」という考えから、クラスメソッド メンバーズをご利用のお客様よりいただいたお問い合わせより、他の AWS ユーザーにとっても 有益な情報を一般的な TIPS としてご紹介しています。