[アップデート] EC2「インスタンスを起動」ウィザードから EFS を作成・マウントまでできるようになりました

ソッコーでEC2+EFS環境を準備できちゃいます。
2020.11.22

ちゃだいん(@chazuke4649)です。

先日のアップデートにより、EC2の「インスタンスを起動」ウィザードから EFS を作成・マウントまでできるようになりました。

Amazon EC2 Launch Instance ウィザードから Amazon Elastic File System (Amazon EFS) クイック作成を使用して、Amazon EC2 コンソールを離れることなく、推奨設定を使用して新しいファイルシステムを作成できます。次に、新しく作成したファイルシステムを起動したい EC2 インスタンスにすぐに追加できます。起動すると、インスタンスに自動的にマウントされます。

EC2 Launch Instance ウィザードから Amazon EFS ファイルシステムをすばやく作成する

何が嬉しい?

とりあえず一秒でも早くEC2にEFSをマウントして試したいという場合、速攻試せるようになりました。今まではこれら検証環境を準備する場合、それぞれのリソースの作成、双方のネットワーク設定、マウントの実行など、いくつか設定が必要でした。今回のアップデートはこれらを推奨設定で自動で一気にやってくれるというものです。

実際にやってみる

まずは、おなじみのECコンソールの「インスタンスを起動する」を開きます。
  

AMIやインスタンスタイプの選択後、インスタンスの詳細の設定にて、「ファイルシステム 新しいファイルシステムの作成」 が追加されています。

「新しいファイルシステムの作成」を選択すると、以下画面が表示されるので、TestEFSという名前で Create を実行します。

すると以下のようにEFSファイルシステムが作成され、ファイルシステムIDが発行されたことがわかります。

先ほどの画面に戻ると、作成したファイルシステムを選択した状態になっており、このまま進めます。
"Additional security groups required"では、チェックをつけておけば、一緒に必要なセキュリティグループも自動で作ってくれるとのことなので、チェックをつけたまま、先に進みます。

あとは、任意の設定でウィザードに従って進めれば、EC2インスタンスと必要なリソース一式が作成されました。

確認してみる

EFSコンソール画面を開くと、確かに新たにファイルシステムが作成されていました。

その他に確認できたリソースは以下の通りです。

  • マウントターゲット用のENIx3: インスタンスを起動したVPCにて3つのAZに1つずつ作成されていることを確認
  • EC2用のセキュリティグループinstance-sg :アウトバウンドにて送信先efs-sgへ2049ポートを許可した状態でインスタンスにアタッチ済み
  • EFS用のセキュリティグループefs-sg: インバウンドにて送信元instance-sgからの2049ポートを許可した状態で先述のENIにアタッチ済み

EFSがマウントされているかどうか確認するために、EC2にSSHします。

$ df -h
ファイルシス   サイズ  使用  残り 使用% マウント位置
devtmpfs         469M     0  469M    0% /dev
tmpfs            479M     0  479M    0% /dev/shm
tmpfs            479M  504K  479M    1% /run
tmpfs            479M     0  479M    0% /sys/fs/cgroup
/dev/nvme0n1p1   8.0G  1.4G  6.7G   17% /
127.0.0.1:/      8.0E     0  8.0E    0% /mnt/efs/fs1
tmpfs             96M     0   96M    0% /run/user/0
tmpfs             96M     0   96M    0% /run/user/1000

上記ハイライト箇所のように、EFSがマウントされていることが確認できました。

ちなみにEFSは推奨設定で作成されるとのことでしたが、ファイルシステムの設定情報は以下の通りでした。

% aws efs describe-file-systems --file-system-id fs-f3628dd3 --output yaml
FileSystems:
- CreationTime: '2020-11-21T20:12:10+09:00'
  CreationToken: quickCreated-EC2-V1-4ab57472-8414-431f-a1ec-ccb7cb6030ff
  Encrypted: true
  FileSystemId: fs-f3628dd3
  KmsKeyId: arn:aws:kms:ap-northeast-1:123456789012:key/examplevaluexxxxxxxxxx
  LifeCycleState: available
  Name: TestEFS
  NumberOfMountTargets: 3
  OwnerId: '123456789012'
  PerformanceMode: generalPurpose
  SizeInBytes:
    Timestamp: '2020-11-21T22:52:58+09:00'
    Value: 18432
    ValueInIA: 0
    ValueInStandard: 18432
  Tags:
  - Key: Name
    Value: TestEFS
  - Key: aws:elasticfilesystem:default-backup
    Value: enabled
  ThroughputMode: bursting

確認は以上です。

終わりに

サクッとEFSを試してみたい方にはもってこいのアップデートかと思います。機会があればぜひ一度試してみてください。

それではこの辺で。ちゃだいん(@chazuke4649)でした。