[アップデート] VS Code 拡張で Application Composer を編集可能に、さらに生成AIのサポートも  #AWSreInvent

[アップデート] VS Code 拡張で Application Composer を編集可能に、さらに生成AIのサポートも #AWSreInvent

Clock Icon2023.11.30

はじめに

re:Invent 2023 現地参加の田中孝明です。

3日目の Dr. Wanner のキーノートで VS Code (IDE) から Application Composer をビジュアルエディタで編集できる機能が発表されました。

公式の発表ブログはこちらです。

Amazon CodeWhisperer のサポートについてはこちらの公式ブログに書かれてます。

使ってみた

最新のツールキットをインストールしましょう。

AWS Toolkit for Visual Studio Code にアクセスして VS Code にツールキットをインストールします。

VS Code で開くかを確認してきますので、VS Code を Open します。

VS Code の画面の AWS Toolkit を Install します。しばらく時間がかかります。

インストールできました。

AWS アカウントで認証する必要はないとのことなので、とりあえずそのまま使ってみます。

AWS CloudFormation または AWS SAM テンプレート を編集できるとのことなので、空の YAMLファイル を作ります。

新規プロジェクト用のフォルダを作って、空の YAMLファイル を作ります。

副メニューから Open with Application Composer を選択します。

Application Composer のビジュアルエディタが開きました。

AWS のコンソール画面と同じような操作感で動かせました!

つい先日対応した Step Functions の Workflow Studio にもアクセスできるかやってみましょう。

拡張機能から Step Functions State machine を選んでドラックアンドドロップします。すると Resource properties に Edit in Workflow Studio が選べるようになってます。

AWS コンソールと同様に Step Functions が Workflow Studio で編集できるようになってました。

Return to Application Composer で元の Application Composer 編集画面に戻れました。

まとめ

とうとう Application Composer が IDE からも編集できるようになりました。 VS Code を普段から利用している私にとっては嬉しいアップデートです。 Amazon CodeWhisperer のサポートも加わって、今後サーバーレスアプリケーション開発がチームでやりやすくなるのではないでしょうか。

この記事をシェアする

facebook logohatena logotwitter logo

© Classmethod, Inc. All rights reserved.