Amazon OpenSearch Service 1.xから2.3へのアップグレードは1.3を経由させないといけない

こんにちは。サービス部の武田です。Amazon OpenSearch 1.xから2.3へのアップグレードパスを確認してみました。
2022.11.30

こんにちは。サービス部の武田です。

先日、Amazon OpenSearch Service 2.3がリリースされましたね。

OpenSearch Service 2.3では新しいMLライブラリへの対応、集計の改善、アラート、異常検出などの機能が追加されました。

さてさっそくアップグレードしてみようかなと思ったところ、アップグレード先として2.3が表示されませんでした。ドキュメントを確認すると2.3へのアップグレードパスが用意されているのは1.3のようです。

というわけで、確認してみました。なおドキュメントには次の注意文(機械翻訳したものです)も記載されていました。アップグレード前に確認してください。

お客様のドメインに、元々Elasticsearch 6.8で作成されたUltraWarmまたはコールドインデックスが含まれている場合、それらのインデックスはOpenSearch 2.3と互換性がありません。

バージョン2.3へアップグレードする前に、互換性のないインデックスをホットストレージに移行し、データを再インデックス化した後、ウォームストレージまたはコールドストレージに移行し直す必要があります。また、インデックスが不要になった場合は、インデックスを削除することもできます。

これらの手順を実行せずに誤ってドメインをバージョン 2.3 にアップグレードしてしまった場合、互換性のないインデックスを現在のストレージ層から移行することはできません。唯一の選択肢は、それらを削除することです。

引用元:Upgrading Amazon OpenSearch Service domains

やってみた

まずは1.2のドメインを用意します。

この状態ではアップグレード先が1.3しかありません。

というわけで、まずは1.3にアップグレードします。アップグレードの確認では(upgradeではなく) 「upgrade」 と入力します。

数分待ち、アップグレードが完了しました。1.3になっています。

この状態であらためて確認すると、アップグレード先として2.3が選択できます。先ほどと同様、 「upgrade」 と入力しましょう。

さらに数分待つと、無事に2.3へのアップグレードが完了しました!

まとめ

1.3以外の、1系から直接2.3へのアップグレードはサポートされていません。古いバージョンのドメインの場合は、一度1.3へアップグレードする必要がありますので注意してください。