[Java]EclipseでSpring Bootを使ってみる。

2016.05.31

はじめに

Javaを学習するのにフレームワークを使ってみると良いとの助言を頂いたので、
Spring Bootを使ってみました。
今回は導入編です。

環境

OS : Mac OSX 10.9.5
IDE : Eclipse
Java : 8 Update 91

準備

EclipseからSpring Bootが使える様に、必要なものをインストールします。
「help」->「Eclipse Marketplace」を選択してマーケットプレイスを開きます。
eclipse_marketplace

検索してSpring Bootをダウンロード。
marketplace_sb

Gradle(STS)もダウンロードしました。
gradle_install

Spring Starter Projectから始めてみる。

Eclipseの、File -> New -> Projectからウィザードを開き、spring starter projectを選択してNextを押します。
sb_new_project_1

プロジェクト名、Javaのバージョンなどを設定にしてNextを押します。
Typeには今回はGradle(STS)を選択します。
sb_new_project_2

ここでテンプレートを選択できますが、今回はそのままFinishを押します。
sb_new_project_3

この時、エクスプローラーのプロジェクトの箇所に、赤いビックリマークが出てたりします。
sb_new_project_4

JREが重複して登録されているのが原因の様なので、
Build Path -> Configure Build Pathを開いてJava Build Pathを選択。
該当するJREを2つ削除してOKを押して閉じ、
もう一度開いて登録すると治ります。
sb_new_project_6

JRE System Libraryを選択。
sb_new_project_8

使用したいバージョンのJavaを選択。
sb_new_project_9

コードを書いてみる。

設定を記述したbuild.gradleはこんな感じです。

buildscript {
	ext {
		springBootVersion = '1.3.5.RELEASE'
	}
	repositories {
		mavenCentral()
	}
	dependencies {
		classpath("org.springframework.boot:spring-boot-gradle-plugin:${springBootVersion}") 
	}
}

apply plugin: 'java'
apply plugin: 'eclipse'
apply plugin: 'spring-boot' 

jar {
	baseName = 'demo'
	version = '0.0.1-SNAPSHOT'
}
sourceCompatibility = 1.8
targetCompatibility = 1.8

repositories {
	mavenCentral()
}


dependencies {
	compile('org.springframework.boot:spring-boot-starter')
	testCompile('org.springframework.boot:spring-boot-starter-test') 
}


eclipse {
	classpath {
		 containers.remove('org.eclipse.jdt.launching.JRE_CONTAINER')
		 containers 'org.eclipse.jdt.launching.JRE_CONTAINER/org.eclipse.jdt.internal.debug.ui.launcher.StandardVMType/JavaSE-1.8'
	}
}

とりあえず、"hello"。

package com.example;

import org.springframework.boot.SpringApplication;
import org.springframework.boot.autoconfigure.SpringBootApplication;
import org.springframework.context.ConfigurableApplicationContext;

@SpringBootApplication
public class SbDemoApplication {

	public static void main(String[] args) {
		ConfigurableApplicationContext cac = SpringApplication.run(SbDemoApplication.class, args);
		SbDemoApplication app = cac.getBean(SbDemoApplication.class);
		app.hello();
	}
	
	public void hello() {
		System.out.println("hello()");
	}
}

7行目、@SpringBootApplicationでSpring Bootの設定を自動で行います。
11行目、Spring Bootを走らせています。
SpringApplication.runの第二引数は「コマンドラインの引数」となります。

実行すると...

hello()

でました。

ブラウザでhello。

build.gradleの30行目を下記の様に変更します。

dependencies {
	compile('org.springframework.boot:spring-boot-starter-web')
	testCompile('org.springframework.boot:spring-boot-starter-test') 
}

変更を反映させるために、エクスプローラーのプロジェクト名を右クリックして、
Gradle(STS) -> Refresh Dependenciesを選択してください。
これでもろもろがダウンロードされ、web用のアノテーションが使用できる様になります。

次は新しくクラスを作成します。

package com.example;

import org.springframework.web.bind.annotation.RequestMapping;
import org.springframework.web.bind.annotation.RestController;

@RestController
public class WebController {

	@RequestMapping("/web")
	public String hello() {
		return "hello()";
	}
	
}

9行目、@RequestMapping()の引数に"/web"を設定していますが、> これはブラウザからアクセスするアドレスになります。

まず、実行してみます。
次にブラウザでこのURLを実行してみます。
http://localhost:8080/web

hello()

ブラウザに表示されました。

さいごに

導入から簡単な実行まで進めてみました。
次回は、もう少しアノテーションを増やした形で紹介したいと思います。