AWS Service Namespace を流行らせたい、そんな想いを朝早くから話しました #jawsug_asa

まだ AWS サービス名を覚えてるの??

コンバンハ、千葉(幸)です。

流行らせたいです。流行らせたいか流行らせたくないかで言ったら、流行らせたいです。AWS Service Namespace を。

そんな話をしました。

叩いてみると面白いコマンド

IAM の ReadOnly 権限を有するユーザー等で叩いてみてください。Cloud Shell でも叩けます。

i=`aws iam generate-service-last-accessed-details --arn arn:aws:iam::aws:policy/AdministratorAccess --output text`\
&& sleep 1\
&& aws iam get-service-last-accessed-details --job-id $i --max-items 1000\
  | jq -c '.ServicesLastAccessed[] | [.ServiceName,.ServiceNamespace]'

ずらっと出てきたもの、その右側の列が AWS Service Namespace です。

AWS サービスあるある

言いたいな〜。

多い。

多いですよね。200個を超えますね。以下ブログでは 223 個 あるとされています。多いですね。

接頭辞 AWS か Amazon か迷いがち

EC2 って AWS EC2 だっけ?Amazon EC2 だっけ?ってなりますね。

一説には以下の区分けがされている、という話もありますね。

  • AWS がつくもの
    • 他の AWS サービスと組み合わせる前提のもの
      • AWS Lambda、AWS Backup、AWS IAM……
  • Amazon がつくもの
    • 単独で使えるもの
      • Amazon EC2、Amazon Route53、Amazon S3……

ちょっと派生して正式名称迷いがち問題もあります。

  • Amazon Elastic Compute Cloud?
  • Amazon EC2?
  • Amazon Elastic Compute Cloud (EC2)?

何を持って"サービス"か悩む

何を基準とするかでバラけてしまいますね。

そこで AWS Service Namespace ですよ

推していこう。

基準が明確

AWS Service Namespace はリファレンスから確認できます。以下のページの子ページは AWS Service Namespace(サービスプレフィックス)ごとに作成されているので、当該名前空間に属するアクション、リソース、条件キーをチェックできます。

ちょっと観点はずれますが以下の一覧における「サービス」も AWS Service Namespace 基準で記されています。

AWS も Amazon もつかない

Amazon EC2 だったら AWS Service Namespace はec2です。

頭につくの Amazon だっけ? AWS だっけ?を考えなくていいし、正式名称は Elastic Compute Cloud か?なんてことも考えなくて OK です。

でも数は多いんだよなぁ

AWS サービスが 200 個超で多い、なんて嘆いてたら AWS Service Namespace は 300 個を超えていましたよ。

% i=`aws iam generate-service-last-accessed-details --arn arn:aws:iam::aws:policy/AdministratorAccess --output text` && sleep 1 && aws iam get-service-last-accessed-details --job-id $i --max-items 1000  | jq -c '.ServicesLastAccessed[] | [.ServiceName,.ServiceNamespace]'\
| wc -l
     301

2021 年だけでも 40 個くらい増えていたので、365 を超えて日めくりカレンダーに対応するのも近いですね。

登壇資料

こちらです。

あなたの好きな AWS Service Namespace は何ですか

AWS Service Namespace について語りました。

あなたも AWS Service Namespace について調べてお気に入りのものを見つけてみましょう。以下も参考になれば幸いです。

以上、 チバユキ (@batchicchi) がお送りしました。