項目要素のグルーピングについて|Tableau Software Tips&Viz Advent Calendar 2014 #15 #tableau

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

2014年アドベントカレンダー『Tableau Software Tips&Viz(全部俺) Advent Calendar 2014』14日目です。Tableau Softwareに関する機能紹介、便利ネタや可視化ネタ等を毎日1本ずつ計25本、『1人(全部俺)』で担当してお届けしています。

昨日14日目の投稿ネタは『パレート図の作成』でした。

本日15日目は『項目要素のグルーピング』に関するご紹介です。

目次

 

項目要素のグルーピングについて

Tableauでビュー作成中に任意のディメンションで振り分けた項目を、任意の指定内容でまとめて表示したい場合があるかと思います。数値が小さいものをひとまとめにしてみたり、ビュー作成上の業務上のルールで任意の内容をひとまとめにしてみたり、という感じです。この要望について、簡単な操作で実現する事が出来ます。

 

作成手順

まずは『SuperStore Sample(Japan)』を読み込み、売り上げを列、都道府県を行にドラッグアンドドロップします。初期状態では都道府県の売り上げ情報が一覧表示される形となりますが、クイックフィルタで『山』を含む内容のみ抽出し、それらを任意のグループとしてみたいと思います。選択状態で右クリックし[メンバーのグループ化]を選択します。

adv-tab-grouping-01

グループの編集画面に遷移するので、任意のフィールド名を設定します。デフォルトでは『'その他'を含める』にチェックが入っていますので、

adv-tab-grouping-02

そのチェックを外します。するとその他の項目がフラットな形で表示されます。

adv-tab-grouping-03

同じ様な形で新しいグループを作成してみます。『川』を持つ都道府県を選択し、[グループ]を押下。

adv-tab-grouping-04

以降、同じ様な操作で任意のグループを作成してみました。グループ名は『名前の変更』で変更する事も可能です。

adv-tab-grouping-05

グラフを売り上げ順にソートして見てみます。通常の都道府県に混じって、グルーピングした項目群についても同様の並びで表示されるようになりました。

adv-tab-grouping-06

 

まとめ

以上、『項目要素のグルーピング』に関するご紹介でした。

では、明日もお楽しみに!

参考情報: