Alteryx 2019.4 新機能 : Interactive Chartツール内での集計

こんにちは、小澤です。

現地時間2019/12/09にAlteryxの新バージョンである2019.4がリリースされました。 今回はその中から、Interactive Chartツール内での集計機能を紹介します。

Interactive Chartと集計

Interactive ChartツールはAlteryxでグラフを作成するためのツールです。 入力として与えられたデータから列を選択してグラフ化していくツールとなっていますが、 これまでは、受け取ったデータを"そのまま"可視化する機能のみでした。

これは例えば、「2つの軸のデータで散布図を描きたい」といった場合にはそのまま利用できますが、 「あるカテゴリごとの平均値を見たい」となった場合、平均値での集計に関しては事前に行っておく必要がありました。 その際はSummarizeツールを使って以下のようなワークフローを作成します。

このワークフローでは

  • Summarizeツールでカテゴリごとにグループ化した平均値を求める
  • 横軸がカテゴリ、縦軸が計算された平均値で棒グラフを作成

としています。

さて、この手の可視化ですが、"確認しておきたい情報ではあるけど後続の分析で集計後のデータをつかうわけでない"ということが度々あります。 こういった情報が増えてくると、「可視化のためだけに1つ1つSummarizeツールで集計する」というのは少々面倒に感じてきますよね?

そこで、今回の新機能であるInteractive Chartツール内での集計処理です。

作成するワークフローは先ほどのものからSummarizeツールを除いたものです。 すなわち、未集計のデータをそのまま渡しています。

横軸をカテゴリ、縦軸を値そのものにすると、以下のように1件1件のデータが詰みあがったグラフが出来上がります。

ここから集計を行います。 Interactive Chartツールの軸を選択する部分に「Add Caluculation」という項目が追加されています。

ここで、縦軸の集計方法で「Mean」を選択すると、カテゴリごとの平均値のグラフが出来上がります。

今回は平均値を使っていますが、集計方法は以下の中から選択可能となっています

  • 合計値
  • データ件数
  • 最小値
  • 最大値
  • 平均値

おわりに

今回は、Alteryx 2019.4の新機能であるInteractive Chartツール内での集計を紹介しました。 様々な軸で集計した結果を可視化したい場合などにおいて都度Summarizeツールを挟まなくてよくなるので便利になります。

Alteryxの導入なら、クラスメソッドにおまかせください

日本初のAlteryxビジネスパートナーであるクラスメソッドが、Alteryxの導入から活用方法までサポートします。14日間の無料トライアルも実施中ですので、お気軽にご相談ください。

alteryx_960x400