Alteryxで日付ごとのデータを月ごとにまとめる

こんにちは。Alteryxサポートエンジニアとして勉強中のスズです。

今回は日付ごとのデータを月ごとにまとめる方法をご紹介いたします。

日付ごとのデータを月ごとにまとめる

以下のデータを用意しました。日付ごとにデータが用意されていますが、月を示す列は用意されていません。このデータを月ごとにまとめていきます。

今回作成するワークフローはこちら。

DateTimeツールを使用して、各日付が何月なのかを出力します。

設定はこちら。

  • Date/Time format to string
  • Select the date/time field to convert: 「Date」列
  • Select the format for the new olumn: Custom
  • Specify a custom format for the new column: Month

Record IDツールを使用してIDを付与します。このIDはデータの並べ替えのために使用します。

Summarizeツールを使用して、「Month」列でグループ化、「RecordID」列の最小値を出力します。また、「Data」列のデータをまとめて出力します。今回は文字列のデータを全て出力するため、String -> Concatenateを使用します。

Sortツールを使用して、「Min_RecordID」列をAscending(昇順)で並べ替えます。

Selectツールを使用して不要な列を削除します。また、列の名前を「DateTime_Out」から「Month」に変更します。

結果を確認します。「Month」列には月が出力され、「Concat_Data」列には日付ごとのデータがまとめて出力されています。

最後に

今回は日付ごとのデータを月ごとにまとめる方法をご紹介いたしました。

サンプルワークフローのご案内

クラスメソッドでご契約のユーザー様向けに、当ブログでご紹介したワークフローを専用ポータルにて公開しております。当エントリでご紹介したワークフローも公開予定ですので、ご参考にしていただきますと幸いです。

Alteryxの導入なら、クラスメソッドにおまかせください

日本初のAlteryxビジネスパートナーであるクラスメソッドが、Alteryxの導入から活用方法までサポートします。14日間の無料トライアルも実施中ですので、お気軽にご相談ください。

alteryx_960x400