AWS re:Invent 2015で発表されたRDS(MariaDB)にTableau Desktopから接続してみた #reinvent

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

AWS re:Invent基調講演にて発表がなされたRDSのMariaDB対応。早速弊社内でも関連記事が公開されていますが、当エントリではBIツールのTableauからMariaDBへの接続を試してみたいと思います。MariaDBはMySQLからフォークされたプロダクトですので、接続周りについては基本的にはそのまま流用出来るはずですね。

RDS(MariaDB)環境の用意

まずは接続対象となるMariaDBの環境を用意します。以下『MariaDB』の特集カテゴリ内には既に何本かエントリがあがっていますので、環境構築については以下のエントリ群をご参考にしてください。

tableau-connect-to-tableau_01

接続対象テーブルの用意

次いでMariaDB内に接続対象となるテーブル作成およびデータの投入を行います。この辺もMySQL同様な感じですね。

mysql> CREATE DATABASE reinvent CHARACTER SET utf8mb4;
Query OK, 1 row affected (0.15 sec)

mysql> SET NAMES utf8mb4;
Query OK, 0 rows affected (0.13 sec)

mysql> USE reinvent;
Database changed
mysql> 
mysql> CREATE TABLE aws_reinvent_2015_blogposts (
    ->    title VARCHAR(150) NOT NULL,
    ->    author VARCHAR(30) NOT NULL,
    ->    user_location VARCHAR(30) NOT NULL
    -> );
Query OK, 0 rows affected (0.14 sec)

mysql> 
mysql> INSERT INTO aws_reinvent_2015_blogposts VALUES ('AWS re:Invent 2015 Keynote 1 リアルタイムレポート #reinvent','佐々木 大輔','米国ラスベガス現地参加');
mysql> INSERT INTO aws_reinvent_2015_blogposts VALUES ('【速報】AWS製のBIサービス「Amazon QuickSight」がリリースされました! #reinvent','望月 政夫','米国ラスベガス現地参加');
mysql> INSERT INTO aws_reinvent_2015_blogposts VALUES ('[速報]AWS新サービス: AWS Import/Export Snowball #reinvent','虎塚','米国ラスベガス現地参加');
mysql> INSERT INTO aws_reinvent_2015_blogposts VALUES ('【速報】Amazon RDSが新たに「MariaDB」に対応しました! #reinvent','森永 大志','米国ラスベガス現地参加');
mysql> INSERT INTO aws_reinvent_2015_blogposts VALUES ('【速報】「AWS Config Rules」がリリースされました!!!! #reinvent','森永 大志','米国ラスベガス現地参加');
mysql> INSERT INTO aws_reinvent_2015_blogposts VALUES ('【速報】AWS Database Migration Service & AWS Scheme Conversion Tool発表!DBの移行が簡単に! #reinvent','せーの','米国ラスベガス現地参加');
mysql> INSERT INTO aws_reinvent_2015_blogposts VALUES ('【速報】 AWSサービス: Amazon Inspector #reinvent','虎塚','米国ラスベガス現地参加');
mysql> INSERT INTO aws_reinvent_2015_blogposts VALUES ('【速報】データインジェスションサービス「Amazon Kinesis Firehose」がリリースされました! #reinvent','yoshida','米国ラスベガス現地参加');
:

接続確認

準備が整ったMariaDBに対してTableau Desktopからの接続を行ってみます。MySQLの設定がそのまま使えますので接続対象のデータソースとしてMySQLを選択。

tableau-connect-to-mariadb_02

接続に必要な情報を設定します。

tableau-connect-to-mariadb_03

データウインドウにMariaDBのデータが表示されました。

tableau-connect-to-mariadb_04

ここまで来ればもう後は同じですね。メンバーごとのブログ投稿本数が可視化出来ました!(※ブログ投稿本数は現在も更に増えています。下記リンクから興味のあるエントリを是非読んでみてください。)

tableau-connect-to-mariadb_05

さいごに

利用者からも多くの声が挙がっていたMariaDBのRDS対応も行われ、これでよりデータの移行・連携が行い易くなりますね!選択肢も増えたという事で色々なアイデアも実現出来そうです。以上、ラスベガスの現場からお送り致しました。