Tableau Server 10 新機能:データソース解析 #tableau

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

こんにちは、せーのです。今日は目前に迫ったTableau 10 Roadshowに先駆けTableau 10の新機能を紹介する Tableau 10 新機能紹介シリーズです。

このエントリではTableau Serverの各種解析機能ついてご紹介します。

tableau10-comming-soon_00

9.3での解析機能がさらに強化

元々解析機能は9.3にてWorkbookやシートに対する解析機能が実装されていました。今回リリースされる10にはそれに加えてアップロードしたデータソースに対しての解析も出来るようになりました。これによって残しておくべきデータソース、逆に統合してしまって削除しても構わないデータソース等の判別がつきやすくなります。またデータソースに繋がっているワークシート等も把握できるので、同じデータソースで構わないのにバラバラにあげてしまっている時などはこの数字を元に調整することもできるでしょう。

やってみた

ではサクッとやってみましょう。Tableau Server Betaにログインしてプロジェクトを選択します。

tableau_10_datasource_analytics2

このリンクがデータソースの分析リンクです。押してみます。

tableau_10_datasource_analytics3

レイアウトはビューやワークシートと変わらないのでわかりやすいと思います。ちなみにビュー数にはフィルタがあって

tableau_10_datasource_analytics4

このように過去何ヶ月で区切るか、という選択ができます。

まとめ

この機能は実際にTableau Serverの管理をしている方にはかゆいところに手が届く機能かと思います。上手に使って効率的なサーバー管理をしたいですね。