Tableauの関数を全て試してみる〜表計算関数編その3〜 #tableau

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

はじめに

こんにちは。DI部のtama@奈良県です。

当エントリはTableau Functions Advent Calendar 2017の24日目のエントリです。
昨日のエントリはTableauの関数を全て試してみる〜表計算関数編その2〜でした。

今回も引き続き表計算関数について見ていきます。
ちなみに今回は累計系(?)の関数になります。(RUNNING〜)

  • 使用するTableauのバージョンは一貫して10.4.1です。
  • 各関数の説明で引用しているのは、Tableauの公式リファレンスからの引用です。

 

検証環境

作業環境

  • MacOS High Sierra 10.13.1
  • Tableau 10.4.1

使用データ

  • (原則)Tableau付属のサンプルスーパーストア
  • (場合によって)関数グラフ描画用データ

 

RUNNING_AVG(expression)

概要

パーティション内の最初の行から現在の行までの、指定された式の累積平均を返します。

  • 指定した表方向範囲内の平均を算出する関数になります。

使ってみた

RUNNING_AVG(SUM([売上]))

メーカー毎売上を、2017年の月別に並べた表になります。
ここに、上記のRUNNING_AVG関数を入れてみました。(ピンク色で網掛けしている部分です)
表計算関数の表計算の方向は、デフォルトは「表(横)」なので、右に向かって平均が計算されています。

どういう時に使う?

  • 一定のペースで増えていくデータ(毎月の購買金額など)に対して、常にその時点までの平均を出しておきたい…といったときなど。

参考文献

 

RUNNING_COUNT(expression)

概要

パーティション内の最初の行から現在の行までの、指定された式の累積数を返します。

  • 指定した表方向範囲内で、引数の式の結果をカウントしていく関数です。

使ってみた

RUNNING_COUNT(SUM([売上]))

どういう時に使う?

  • 一定のペースで増えていくデータ(毎月の購買金額など)に対して、常にその時点までのカウントを出しておきたい…といったときなど。

参考文献

 

RUNNING_MAX(expression)

概要

パーティション内の最初の行から現在の行までの、指定された式の累積最大値を返します。

  • 指定した表方向範囲内における最大値を算出します。

使ってみた

RUNNING_MAX(SUM([売上]))

パッとわかりづらいので、例を挙げて簡単に説明します。
下記画像の赤枠の部分について、4月時点までは値は全て「44,754」となっています。これはRUNNING_MAX関数が「最初の行からその時点までの最大値を出す」というものだからです。(4月時点で、一番大きい売上は1月の44,754)

どういう時に使う?

  • 一定のペースで増えていくデータ(毎月の購買金額など)に対して、常にその時点までの最大値を出しておきたい…といったときなど。

参考文献

 

RUNNING_MIN(expression)

概要

パーティション内の最初の行から現在の行までの、指定された式の累積最小値を返します。

  • RUNNING_MAX関数の逆です。

使ってみた

どういう時に使う?

  • 一定のペースで増えていくデータ(毎月の購買金額など)に対して、常にその時点までの最小値を出しておきたい…といったときなど。

参考文献

 

RUNNING_SUM(expression)

概要

パーティション内の最初の行から現在の行までの、指定された式の累積合計を返します。

  • 指定した表方向範囲内で、データを足し上げていく関数です。
  • 「累計」と考えるとわかりやすいと思います。

使ってみた

RUNNING_SUM(SUM([売上]))

どういう時に使う?

  • 一定のペースで増えていくデータ(毎月の購買金額など)に対して、常にその時点までの累計を出しておきたい…といったときなど。

参考文献

おわりに

引き続き表計算関数を見てきました。
「表計算関数」名付けられているので、本エントリではクロス集計表として使用していますが、もちろんこれらを他のグラフとして可視化することもできます。RUNNING〜関数は折れ線グラフに向いていると思います。

次回はtamaによる「Tableauの関数を全て試してみる〜表計算関数編その4」です。お楽しみに。