Amazon AppStream2.0でWindows Server 2016&2019が利用できるようになりました!

完全マネージド型のアプリケーションストリーミングサービスAmazon AppStream 2.0で

  • Windows Server 2016
  • Windows Server 2019

を選択できるようになりました。

Amazon AppStream 2.0 adds support for Windows Server 2016 and Windows Server 2019

提供されているイメージタイプ

Windows Server 2016&2019には

  • ベース
  • グラフィックスデザイン

向けのイメージタイプが提供されています。

最新のイメージ一覧は以下の通りです。

イメージタイプ インスタンスファミリー イメージ名
Base General Purpose
Memory Optimized
Compute Optimized
AppStream-WinServer2012R2-05-28-2019
AppStream-WinServer2016-06-24-2019
AppStream-WinServer2019-06-24-2019
Graphics Design Graphics Design AppStream-Graphics-Design-WinServer2012R2-05-28-2019
Graphics Pro Graphics Pro AppStream-Graphics-Pro-WinServer2012R2-05-28-2019
AppStream-Graphics-Pro-WinServer2016-06-24-2019
AppStream-Graphics-Pro-WinServer2019-06-24-2019

管理コンソールから最新のイメージ一覧を確認します。

ベースイメージを作成する UI では Operating Systemを選択するプルダウンが追加されています。

OSを識別する年代が省略されているため、ツールチップで確認してください。

まとめ

Amazon AppStream 2.0 が2016年末のre:inventで発表されて以来、Windows Server 2012のイメージだけが提供されていました。 今回の対応OSの追加、特に、 Windows Server 2016 対応により、AppStream 2.0の利用範囲が大きく広がるのではないでしょうか。

それでは。

参考