[速報] MongoDB 互換のマネージドデータベース!Amazon DocumentDB が登場しました

304件のシェア(そこそこ話題の記事)

こんにちは、菊池です。

個人的には待ちに待ったサービスです!AWSに新しいマネージドデータベースサービスである、Amazon DocumentDB(with MongoDB Compatibility)が登場しました。

Amazon DocumentDB

Amazon DocumentDBは、MongoDBと同様にBSONフォーマット対応したドキュメント指向のデータベースです。

特徴

スケーラビリティ

ストレージは最小10GBから、最大で64TBまで自動で拡張します。15.25 GBから488GBまでのメモリをもつインスタンスから選択可能で、最大で15台のリードレプリカ(合計16台)を構成できます。

信頼性

データは3つのアベイラビリティゾーンにまたがり、6つのレプリケーションが保存されます。また、アプリケーションからはMongoDBのレプリカセットクラスタのフェイルオーバーと同様のハンドリングが可能です。

フルマネージド

他のAWSのデータベースサービスと同様に、モニタリングやバックアップがサポートされています。ポイントインタイムリカバリも可能です。

セキュリティ

KMSによるデータの暗号化、SSL接続が可能です。

互換性

MongoDB 3.4以降のドライバー、MongoDB バージョン3.6のAPIと互換性があり、同様のCRUD操作がサポートされます。また、DMS(Database Migration Serves)による既存のMongoDBからの移行もサポートされています。

利用可能リージョン

本日時点で以下のリージョンで利用可能です。

  • US East (N. Virginia)
  • US East (Ohio)
  • US West (Oregon)
  • Europe (Ireland)

インスタンスタイプと利用料金

利用可能なインスタンスタイプとバージニアリージョンでの利用料金です。クラスタを構成した台数に応じて料金が発生します。

インスタンスタイプ メモリ 時間単価
db.r4.large 15.25GB $0.277
db.r4.xlarge 30.05GB $0.554
db.r4.2xlarge 61GB $1.108
db.r4.4xlarge 122GB $2.216
db.r4.8xlarge 244GB $4.432
db.r4.16xlarge 488GB $8.864

また、利用しているストレージ容量、I/Oに応じて以下の料金が発生します。

項目 料金
ストレージ容量 月額$0.10/GB
I/O 1,000,000リクエストごとに$0.20

まとめ

待ちに待った、MongoDB互換のマネージドデータベースサービスです。ユースケースとしては、既存のMongoDBからの移行の他に、DynamoDBではクエリの柔軟性が足りなくて辛かった場合などにもよいのではないでしょうか。

これから早速、実際に触っていきたいと思います。