Amazon ECSとAWS FargateにSLAが設定されました

76件のシェア(ちょっぴり話題の記事)

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

ウィスキー、シガー、パイプをこよなく愛する大栗です。

コンテナを管理するサービスAmazon ECSとコンテナを直接起動できるサービスであるAWS FargateにSLAが設定されたのでご紹介します

Amazon Compute Service Level Agreement Extended to Amazon ECS and AWS Fargate

サービスレベルアグリーメントの変更

元々はAmazon EC2 Service Level Agreementという名称のドキュメントでEC2とEBSのSLAを定義したものでした。今回Amazon ECSとAWS FargateをサポートしたことでAmazon Compute Service Level AgreementとEC2からComputeのSLAへと変わっています。

Amazon Compute Service Level Agreement

以前のバージョンの内容と比較するとIncluded Products and Servicesという項目が増えています。

Included Products and Services

  • Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2)
  • Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS)
  • Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS)
  • AWS Fargate for Amazon ECS (AWS Fargate)

また、可用性が先日のアップデートにより「月間使用可能時間の割合」が99.99%になっています。Amazon ECSとAWS Fargateもこれに準じており99.99%の可用性となりました。

[アップデート] Amazon EC2のサービスレベル契約が変更され、SLA 99.99%に!

さいごに

SLAを設定すると言うことは、今後AWSがAmazon ECSとAWS Fargateをコンピュートの主要サービスへ位置づけたいのではないかと感じました。SLAが同等になったので、EC2、ECS、Fargateの使い分けが重要になってきたと思います。