良品計画様とAmazon Machine LearningのPoCを実施しました

236件のシェア(すこし話題の記事)

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

株式会社良品計画様とクラスメソッド株式会社はAmazon Machine Learning(以下、Amazon ML)のPoC(概念実証)を行い、Amazon MLを用いることで従来の統計分析と同じような分析結果を簡易に取得できることを確認しました。

検証内容

MUJI passport上で行った販売キャンペーンの結果についてAmazon MLに学習させ、キャンペーンが商品の購入に影響があるかどうかをAmazon MLが判定可能か検証しました。学習時の説明変数として年代、性別を追加し、検証用に年代と性別を組み合わせたダミーデータを作成して購入確率について予測させた所、統計分析と同じような結果を得られることを確認しました。

構成

Redshift上に存在するMUJI passportのユーザー情報や行動ログ、購入情報を元にCSVを作成し、Amazon MLに学習させました。

amazon-machine-learning-poc-with-ryohin-keikaku1

Amazon MLは二項分類のモデルを利用し、変数としては以下を利用しました。

  • 購入の有無(目的変数)
  • 年代
  • 性別
  • キャンペーン対象商品の詳細ページへの接触の有無
  • キャンペーン対象商品の詳細ページへの接触回数

まとめ

今回はお知らせということで取り急ぎ案件の概要についてご紹介させていただきました。検証内容の詳細は別エントリーにてご紹介させていただく予定です。ご期待ください!