[速報] Amazon S3 により低コストなストレージクラス「1 Zone 低頻度アクセス」が登場しました

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

こんにちは、菊池です。

現地時間、2018年4月4日に開催されている、AWS Summit 2018 San Francisco にて、S3 の新しいストレージクラス、One Zone-IA(1 Zone低頻度アクセス)が発表されました。

One Zone-IA ストレージクラス

One Zone-IAストレージクラスは、従来からあるStandard-IA(低頻度アクセス)に比べ20%安価で、地理的な冗長性を求めないレベルでの保護されたストレージクラスです。

東京リージョンでの利用料は以下の通りです。(Standard Storageは最初の50TBの場合)

ストレージクラス 月額料金(GBあたり)
Standard Storage $0.025
Standard-IA $0.019
One Zone-IA $0.0152 

使ってみた

早速、設定してみました。

オブジェクトのプロパティから、[ストレージクラス]を選択します。

[1ゾーンIA]が選択可能になっています。Standard-IAと同様、最短保存期間は30日、最低オブジェクトサイズ128KBという制限があります。

設定できました。ストレージクラス、1ゾーンIAとなっています。

まとめ

S3に、新たに安価な選択肢が提供されました。

通常はアクセスが少なく、さらにマルチAZでの冗長性が不要なデータが利用するターゲットになります。リージョン間でのレプリケーションなど、すでにStandardで保存しているデータをさらに他リージョンに保管するケースなどでは、低コストで利用することができそうです。