【速報】AWSのマネージドKubernetesサービス、Elastic Container Service for Kubernetes(EKS)が発表されました! #reinvent

123件のシェア(ちょっぴり話題の記事)

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

AWS Manged Kubernetes!

現在開催中のAWS re:Invent2017にて、Amazon Elastic Container Service for Kubernetes(EKS)が発表されました!待望の、AWSが提供するマネージドKubernetesです。

EKSの特徴

Keynoteの中では、EKSの特徴として以下の点に触れられていました。

  • Hybrid Kubernetes : 別のクラウドや、オンプレミスのKubernetesで動作させていたKubernetesクラスタのアプリケーションををそのまま移行することが可能です
  • Multi AZ : AWSの複数のアベイラビリティーゾーンにまたがったクラスターを容易に作ることで、高可用性を簡単に実現できます
  • Automated patches: クラスターのアップデートがAWS側で実施され、クラスタを常に最新で安全な状態に保つことが可能です
  • Integration with other AWS services: 様々なAWSサービスとシームレスな連携をすることが可能です。

現在はLimited Preview

現在、Amazon EKSはプレビューとなっています。興味がある方は以下の製品ページにあるリンクから申し込んでみましょう!

※追記 11/30(水) 08:00 表現の修正を行いました