[速報]Amazon FreeRTOSやAWS IoT Greengrassがデバイスで動作するかチェックできるツール「AWS IoT Device Tester」が発表されました! #reinvent

ども!大阪オフィスの西村祐二です。

今日(2018/11/26)のre:Inventのイベント会場では特にアナウンスはなかったですが、ぞくぞくとIoT系のアップデート、新サービスの情報が流れきました。

そして、「AWS IoT Device Tester」というツールが発表されてました!

このツールはすぐに利用できるものとなっています。

https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2018/11/aws-iot-device-tester-now-available/

どんなツール?

AWS IoT Device Testerは、Amazon FreeRTOSまたはAWS IoT Greengrassを実行したいデバイスがAWS IoT Serivicesで認証して正常に相互運用できるかどうかを簡単に診断することができるツールです。また、AWS Partner Device Catalogにデバイスを掲載するには、AWS IoT Device Testerのテストに合格する必要があります。AWS IoT Device Testerは、Amazon FreeRTOS用AWS IoT Device TesterとAWS IoT Greengrass用AWS IoT Device Testerの2つのバージョンがあります。

「AWS IoT Device Tester」を使う意義

上記にも記載しましたが、「AWS IoT Device Tester」を使ったテストを通るとAWS Partner Device Catalogに対応製品として掲載するための条件をクリアしたということになります。

現在、IoTやエッジコンピューティングが大きく注目されており、それを使ったサービスを作りたいと思う方が多くいらっしゃいます。その中でデバイス選定の際に公式のサイトに対応デバイスとして掲載されてることは他社製品と比べ大きなアドバンテージになるかと思います。

AWS IoT Greengrass用AWS IoT Device Tester

https://aws.amazon.com/jp/greengrass/device-tester/

概要

LinuxベースのIoTデバイス用のテスト自動化ツールです。AWS IoT Device Testerを使用すると、デバイスでAWS IoT Greengrassを実行し、AWS IoTサービスと相互運用できるかどうかを簡単にテストできます。AWS IoT Device Testerは、デバイスのCPUアーキテクチャ、Linuxカーネル構成、およびドライバがAWS IoT Greengrassで動作するかどうかをテストします。

使い方

AWS IoT Device Testerをダウンロードし、ターゲットデバイスのIPアドレスとログイン資格情報を含むAWS IoT Device Testerを設定し、コマンドラインインターフェイスを使用してAWS IoT Greengrassのテストを実行します。AWS IoT Device Testerは、ターゲットデバイス上のテストケースを実行し、その結果をコンピュータに保存します。結果を確認し、互換性の問題を解決してテストに合格することができます。

AWS IoT GreengrassのAWS IoT Device Testerをダウンロード

Linux用、Mac用、Windows用のツールがそれぞれ提供されています。

サービスサイトからダウンロードすることができます。

https://aws.amazon.com/jp/greengrass/device-tester/

Amazon FreeRTOS用AWS IoT Device Tester

https://aws.amazon.com/jp/freertos/device-tester/

概要

マイクロコントローラ向けのテスト自動化ツールです。AWS IoT Device Testerを使用すると、簡単にテストを実行して、デバイスがAmazon FreeRTOSを実行し、AWS IoTサービスと相互運用できるかどうかを判断できます。AWS IoT Device Testerは、クラウド接続、OTA(Over-the-Air-Updates)、およびセキュリティライブラリがマイクロコントローラ上で正しく機能することを確認することができます。

使い方

AWS IoT Device Testerをダウンロードし、ターゲットマイクロコントローラボードをUSB経由で接続し、AWS IoT Device Testerを設定し、コマンドラインインターフェイスを使用してAWS IoT Device Testerテストを実行します。AWS IoT Device Testerは、ターゲットデバイス上のテストケースを実行し、その結果をコンピュータに保存します。結果を確認し、互換性の問題を解決してテストに合格することができます。

Amazon FreeRTOSのAWS IoT Device Testerをダウンロード

Linux用、Mac用、Windows用のツールがそれぞれ提供されています。

サービスサイトからダウンロードすることができます。

https://aws.amazon.com/jp/freertos/device-tester/

動作のフロー

概要図のような画像がサイトに掲載されていたので、こちらにも引用しておきます。

どのような流れを想定したツールなのかイメージできるかと思います。

さいごに

「AWS IoT Device Tester」が発表されたことによって、デバイス企業が、Amazon FreeRTOS、AWS IoT Greengrass対応のデバイスを作る際にやりやすくなるんじゃないかなと思います。

今後、Amazon FreeRTOSやAWS IoT Greengrassが動くデバイスがどんどん増えていきそうでとてもワクワクします。