【レポート】NEW LAUNCH! AWS Serverless Application Repository #reinvent #SRV215

SRV215: NEW LAUNCH! AWS Serverless Application Repository

AWS re:Invent 2017にて「SRV215: NEW LAUNCH! AWS Serverless Application Repository」を聴講してきたのでレポートします。

In this session, we will discuss how the AWS Serverless Application Repository makes it easy to discover and deploy serverless applications published by fellow developers and companies like Datadog, Here, Splunk, and many others. We will cover how you can use the repository to find applications for a variety of use cases and then deploy them to your AWS account. In addition, we will discuss how you can publish your own applications to the repository. You will also hear from two contributors, Datadog and Here, who will describe their approach to building the serverless applications that they have published to the Serverless Application Repository.

スピーカーは次の3名です。

  • Salmann Paracha (Principal Product Manager, Amazon.com)
  • Daniel Langer (Product Manager, Datadog)
  • Michael Palermo (Senior Developer Evangelist, HERE Technologies)

AWS Serverless Application Repository

  • Easily discover
  • Easily deploy
  • Easily publish

Serverless Application とは?

  • サーバーなし
  • フレキシブルなスケーリング
  • 高可用性
  • アイドルキャパシティなし

使用するコンポーネント

  • AWS Lambda
  • Amazon Kinesis
  • Amazon DynamoDB
  • Amazon API Gateway
  • Amazon S3
  • Amazon SNS
  • and more...

様々な分野のカスタマー

  • Analytics
  • Interactive Backends
  • Data workflows
  • Autonomous IT

カスタマーから学ぶブループリント

  • AWSオンリー
  • Functionオンリー
  • 限られた選択と、限られた言語
  • GitHubまたはCodeCommitにリンクされていない、更新が容易ではない

ほとんどのサーバーレスアプリケーションがGitHubでシェアされているが、制約事項がある

  • 検索: どのように「serverless」アプリを検索できる?
  • ソース: デベロッパーがソースを知れるか?
  • BYOB: 開発者はビルド環境を作り直さなければならない
  • Lambda Functionの実装フローにリンクされていない

主義

  • 誰でも検索できて
  • PrivateまたはPublicで使えて
  • PublishとDeployは容易

追加の主義

  • コミュニティから
  • オープンソースで
  • スタンダートなアプリケーション要件

Consuming Application (Demo)

Serverless Application Repositoryのデモを紹介。

Lambda Functionは「スクラッチ」「Blueprint」「Serverless Application Repository」の3つから作れるようになります。

使用するアプリケーションを決めたら、名前を決めてデプロイ。

作成者の諸々の情報が閲覧できます。

SAMのテンプレートも確認できます。

テンプレート上でパラメータ化されていれば、それをデプロイ時に指定できます。

どのようなIAMポリシーが使われるか確認できます。

一方こちらはPublishする際の画面。名前や作成者、ライセンス、ラベルなどを設定できます。

Publishしたアプリはすぐに誰でも利用できるようになります!

Serverless Application Model(SAM)の紹介

  • CFnの拡張
  • パッケージはCFnのCLI Commandから

SAMの紹介は、すでに当ブログでいくつか投稿しています。ぜひ参考にしてください。

[新ツール] AWS Serverless Application Model (AWS SAM) を使ってサーバーレスアプリケーションを構築する

AWS SAMがめちゃめちゃアップデートされてる件 – ClassmethodサーバーレスAdvent Calendar 2017 #serverless #adventcalendar

Publisherはいっぱい

  • ThingLogix
  • GILISIUM
  • tensorIoT
  • BBC
  • DOW JONES
  • Expedia
  • splunk
  • here
  • New Relic
  • signal fx
  • DataDog
  • realtor.com
  • IO|pipe

パートナー: Datadog

PublisherであるDatadogのDaniel Langer氏より、サーバーレスソリューションとServerless Application Repositoryとの関係性についての発表です。

  • EC2やECSのメトリクスが主だった
  • Lambdaのユースケースが増えてる
  • サーバーレスソリューション
    • VPC Flow Logs
    • CW LogsからLambdaでDatadogに送っている
    • RDS Enhanced Monitoring
    • RDSのメトリクスを取得
  • Lambdaは好きだけど、カスタマーにコピペさせるのはつらい
  • Serverless Application Repositoryによって
    • ソリューションのダウンロードが簡単になる
    • アップデートもシームレスに全てのカスタマーに適用できる

Here at AWS re:Invent 2017

PublisherであるHERE TechnologiesのMichael Palermo氏より、サーバーレスソリューションとServerless Application Repositoryとの関係性についての発表です。

  • https://developer.here.com
  • ロケーションサービスはすぐ使える
  • ウェブサイトからAPI Gatewayを通してhereに送っている
    • Geocode
    • Map Image
    • Map Tile
    • Places
    • Position
    • Routing
    • Toll Cost
    • Traffic
    • Transit
    • Weather

感想

Serverlessの中心はやはりLambda。確かにDatadogのデータ送信処理などを自分たちでメンテナンス・アップデートしないといけないのは辛かったと思います。そう言った誰もが使う処理を1点集中で運用してくれるのは非常に有用だと思います!