AWS re:Invent 2018 新機能・新サービス 関連情報総まとめ(Day1: 2018/11/26) #reinvent

80件のシェア(ちょっぴり話題の記事)

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

2018年11月26日〜30日の期間、米国ラスベガスで開催されているAWSの年次カンファレンスイベント『AWS re:Invent 2018』。キーノートを控えた状態でありながらも、怒涛の勢いで新サービスや新機能の発表が続いています。

発表される情報量が余りにも多いため、当エントリでは発表されたトピック及び関連するリリースノート等の情報についてまとめてみたいと思います。(当エントリではイベント初日、2018年11月26日に発表された内容についてまとめます)

また当ブログ『Developers.IO』で書かれた関連エントリについても、合わせて情報を併記致します。(※こちらについては確認次第、随時更新していく予定です)

目次

2018年11月26日に発表された内容

AWS RoboMaker
(インテリジェントなロボットアプリケーションの開発、テスト、デプロイと管理)

公式リリース情報

Developers.IO関連エントリ

その他関連エントリは以下リンクをご参照ください。

その他関連リソース

AWS Transfer for SFTP
(SFTPを使用してAmazon S3の内外にファイルを直接転送できるマネージドサービス)

公式リリース情報

Developers.IO関連エントリ

その他関連エントリは以下リンクをご参照ください。

その他関連リソース

EFS Infrequent Access Storage Class
(Amazon EFSに低頻度アクセス IA ストレージクラスが追加)

公式リリース情報

Developers.IO関連エントリ

その他関連リソース

  • (確認次第追記します)

AWS DataSync(自動化・高速化されたデータ転送)

公式リリース情報

Developers.IO関連エントリ

その他関連エントリは以下リンクをご参照ください。

その他関連リソース

S3 Intelligent-Tiering(Amazon S3の自動的なコスト最適化)

公式リリース情報

Developers.IO関連エントリ

その他関連リソース

  • (確認次第追記します)

AWS SnowballEdge のコンピュート最適化インスタンスがGAに

公式リリース情報

Developers.IO関連エントリ

  • (確認次第追記します)

その他関連リソース

  • (確認次第追記します)

AWS Amplify Console

公式リリース情報

Developers.IO関連エントリ

その他関連エントリは以下リンクをご参照ください。

その他関連リソース

Amazon EBS のProvisioned IOPS (io1)のパフォーマンスが強化

公式リリース情報

Developers.IO関連エントリ

その他関連リソース

  • (確認次第追記します)

Amazon S3 がオブジェクト管理のバッチ処理機能をリリース(Preview)

公式リリース情報

Developers.IO関連エントリ

その他関連リソース

  • (確認次第追記します)

Preview of Amazon Aurora PostgreSQL Serverless

公式リリース情報

Developers.IO関連エントリ

その他関連リソース

  • (確認次第追記します)

AWS認定試験に新カテゴリ『AWS Certified Machine Learning – Specialty』が登場&エンジニア訓練用機械学習コースがAWSを通じて利用可能に

公式リリース情報

Developers.IO関連エントリ

その他関連リソース

  • (確認次第追記します)

まとめ

という訳で、AWS re:Invent 2018、イベント初日(2018/11/26)に発表された主な新機能・新サービスなどのまとめでした。(この勢いは翌日も続きます!まだキーノート前なのに...)