AWS re:Invent 2018 新機能・新サービス 関連情報総まとめ(Day2: 2018/11/27) #reinvent

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

2018年11月26日〜30日の期間、米国ラスベガスで開催されているAWSの年次カンファレンスイベント『AWS re:Invent 2018』。キーノートを控えた状態でありながらも、怒涛の勢いで新サービスや新機能の発表が続いています。

発表される情報量が余りにも多いため、当エントリでは発表されたトピック及び関連するリリースノート等の情報についてまとめてみたいと思います。(当エントリではイベント2日目、2018年11月27日に発表された内容についてまとめます)

また当ブログ『Developers.IO』で書かれた関連エントリについても、合わせて情報を併記致します。(※こちらについては確認次第、随時更新していく予定です)

目次

2018年11月27日に発表された内容

AWS Global Accelerator
(各種バランシング機能を備えるグローバルロードバランサー)

公式リリース情報

Developers.IO関連エントリ

その他関連エントリは以下リンクをご参照ください。

その他関連リソース

AWS Transit Gateway
(オンプレミスとAWSの接続をより簡単に接続可能に)

公式リリース情報

Developers.IO関連エントリ

その他関連リソース

新しいインスタンスタイプ:A1
(ARMベースのAWS Gravitonプロセッサーを搭載)

公式リリース情報

Developers.IO関連エントリ

その他関連リソース

  • (確認次第追記します)

新しいインスタンスタイプ:C5n
(100Gbpsでの接続を提供)

公式リリース情報

Developers.IO関連エントリ

その他関連リソース

  • (確認次第追記します)

新しいインスタンスタイプ:P3dn
(nVIDIAの機械学習エンジンを搭載し、100Gbps接続を提供)

公式リリース情報

Developers.IO関連エントリ

その他関連リソース

  • (確認次第追記します)

Amazon FreeRTOS: BLE(Bluetooth Low Energy)サポート

公式リリース情報

  • (確認次第追記します)

Developers.IO関連エントリ

その他関連リソース

  • (確認次第追記します)

Elastic Fabric Adapter
(HPCアプリケーションを稼働させる大規模クラスタ上で高速かつ信頼性の高いネットワークを提供)

公式リリース情報

Developers.IO関連エントリ

その他関連リソース

  • (確認次第追記します)

SageMaker Neo
(ディープラーニングのモデルコンパイラ/Open Source化も対応)

公式リリース情報

  • (確認次第追記します)

Developers.IO関連エントリ

その他関連リソース

dynamic training
(EC2上におけるディープラーニングのためのOSS)

公式リリース情報

Developers.IO関連エントリ

その他関連リソース

  • (確認次第追記します)

Firecracker
(サーバーレスコンピューティングのための軽量な仮想化機能)

公式リリース情報

Developers.IO関連エントリ

その他関連リソース

Amazon S3 Object Lock
(新たにS3オブジェクトの変更・削除を完全に制限する機能)

公式リリース情報

Developers.IO関連エントリ

その他関連リソース

  • (確認次第追記します)

AWS Resource Access Manager(RAM)
(クロスアカウントでのリソース共有)

公式リリース情報

Developers.IO関連エントリ

その他関連リソース

  • (確認次第追記します)

AWS IoT SiteWise
(産業用機器からのデータ収集&分析を手軽に行えるマネージドサービス)

公式リリース情報

Developers.IO関連エントリ

その他関連リソース

  • (確認次第追記します)

AWS IoT Device Tester
(Amazon FreeRTOSやAWS IoT Greengrassをデバイスで動作確認するツール)

公式リリース情報

Developers.IO関連エントリ

その他関連リソース

  • (確認次第追記します)

AWS IoT Events
(IoTセンサーとアプリケーションからのイベントを簡単に検出して応答できるサービス)

公式リリース情報

Developers.IO関連エントリ

その他関連リソース

  • (確認次第追記します)

まとめ

という訳で、AWS re:Invent 2018、イベント2日目(2018/11/27)に発表された主な新機能・新サービスなどのまとめでした。そしていよいよこの後はキーノートが行われる3日目です。楽しみですね!!