【速報】IoTデバイスのOS「Amazon FreeRTOS」が発表されました #reinvent

186件のシェア(すこし話題の記事)

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

はじめに

現在開催中のre:Invent 2017のキーノートセッションにて、IoTデバイスのOS「Amazon RTOS」の発表がありました。

Announcing Amazon FreeRTOS – Enabling Billions of Devices to Securely Benefit from the Cloud

FreeRTOSとは

RTOSとは"Real Time Operating System"のことで、エンベデッド向けのOSです。Amazon FreeRTOSは、オープンソースのポピュラーなFreeRTOSを核として、拡張が施されたものとのことです。

  • 低消費電力なIoTむけコントローラ用のソリューション作成を簡単にする
  • クラウドへのセキュアなデータ/コネクション
  • 各種マイクロコントローラのエコシステムとの統合
  • クラウド、そしてローカルへの接続(AWS Greengrass)をサポート

Amazon FreeRTOS Console

Amazon FreeRTOS Consoleにより、FreeRTOSのソリューションを作成する機能が提供されるようです。

  • Texas Instruments, STmicro, Microchipなどマイクロコントローラベンダー向けのコンフィギュレーション
  • AWS IoT、AWS Greengrassなど接続先

以上を選択、そしてgithubから提供されているFreeRTOSのカーネルを組み合わせることによって、IoTデバイス向けのプロジェクトが作成できるとのことです。

さいごに

IoTデバイスの開発には、Amazon FreeRTOSを検討してみてください。詳細はまた続報したいと思います。