【速報】Lambda新機能:関数ごとの同時実行数が制御可能に! #reinvent

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

こんにちは、菊池です。

re:Invent 2017 Keynote 2にて、AWS Lambdaの新機能:Concurrency controlが発表されました!

Lambdaの同時実行数制御

これまでの同時実行数制限では、アカウント単位でのLambda関数実行数が制限されていました。今回のアップデートにより、個々の関数単位での同時実行数が設定可能になります。

これにより、特定の関数で実行数が急増したために、他の関数が起動できなくなる、といった事態が回避可能になります。

また、関数の同時実行数を0に設定することで、その関数の実行を抑止することもできるようです。

特定の関数がスパイクしたことで、重要な関数の実行が妨げられる、ということが無くなります。より安定した運用が可能になるでしょう!