【2018年】AWS全サービスまとめ その1(コンピューティング、ストレージ、データベース、移行、ネットワーキング & コンテンツ配信)

163件のシェア(すこし話題の記事)

こんにちは。サービスグループの武田です。

この記事はAWS全サービスまとめ その1 です。

非常にたくさんあるAWSのサービスを自分の勉強も兼ねてざっくりまとめてみました。「結局このサービスってなんなの?」という疑問を自分なりに理解するのが目的です。

今回はマネジメントコンソールを開き、「すべてのサービス」をもとに一覧化しました。そのため、プレビュー版など一覧に載っていないサービスは含まれていません。

まとめるにあたって、次のドキュメントや、弊社の多数のブログを参考にしました。

AWS ドキュメント | AWS

AWS | Developers.IO

コンピューティング

Amazon EC2

正式名称は Amazon Elastic Compute Cloud で、AWSのIaaSのひとつ。さまざまなスペックの仮想マシンを作成して実行できる。EBS(Elastic Block Store)やELB(Elastic Load Balancing)と統合されている。

Amazon Lightsail

VPSサービス。EC2とは料金プランが異なり、ほとんど設定をすることなくWordPressやRedmineなどがインストールされたサーバを起動できる。

Amazon Elastic Container Service

Dockerコンテナのクラスタ管理サービス。従来クラスタはEC2で管理されていたが、先日AWS Fargateが発表され、EC2を起動せずにコンテナを実行できるようになった。

AWS Lambda

サーバ不要でアプリケーションコードのみをデプロイすることで、イベント駆動でコードが実行できるサービス。他のサービスとのハブとなり、サーバレスアーキテクチャの中核となるサービス。

AWS Batch

バッチ処理を実行できるサービス。サーバ不要・処理の実行という点でLambdaと似ているが、Lambdaにはリクエストあたりの最大実行時間が300秒という制限があるため、時間のかかる処理や複雑な処理をしたい時に使用する。処理は ジョブ という単位で登録し、ECSコンテナクラスタで実行される。

AWS Elastic Beanstalk

アプリケーションのデプロイ・管理サービスで、AWSのPaaSのひとつ。EB単体のものではなく、実態はEC2やS3、RDSやELBなどをプロビジョニングするサービス。

ストレージ

Amazon S3

正式名称は Amazon Simple Storage Service で、年間で99.99%の可用性と99.999999999%の耐久性を実現するよう設計されたオブジェクトストレージ。アクセスポリシー、データの暗号化、バージョニング、MFA削除、ライフサイクル管理ポリシー、イベント通知。さらに、静的Webサイトホスティング、タグ付け、クロスリージョンレプリケーションなど、およそSimpleとは言えない豊富な機能を備えている。

Amazon EFS

正式名称は Amazon Elastic File System で、フルマネージドなNFSサーバサービス。最大数千のEC2インスタンスからの同時アクセスが可能で、ペタバイト単位まで自動的にスケールする。

Amazon Glacier

頻繁に使用されないデータ(コールドデータ)に最適化された低コスト、高耐久性を備えたストレージサービス。アーカイブ、バックアップ用途に向いており、S3のライフサイクル管理を利用することで自動的にデータを移行したりできる。

AWS Storage Gateway

オンプレミスのアプライアンスからクラウドベースのストレージに接続できるサービス。ファイルベース、ボリュームベース、テープベースという異なったインタフェースでの接続がサポートされている。

データベース

Amazon RDS

正式名称は Amazon Relational Database Service で、フルマネージドなRDBサーバサービス。Amazon Aurora、PostgreSQL、MySQL、MariaDB、Oracle、Microsoft SQL Serverの6つのデータベースエンジンから選択できる。

Amazon DynamoDB

フルマネージドなNoSQLデータベースサービス。セカンダリインデックスやスループットキャパシティによるパフォーマンスの調整ができる。

Amazon ElastiCache

フルマネージドな分散型インメモリデータストアサービス。キャッシュエンジンとしてmemcachedとRedisがサポートされている。

Amazon Redshift

フルマネージドなデータウェアハウスサービス。PostgreSQL互換のインタフェースを備えるため、PostgreSQLの管理ツールが使用できる。

移行

AWS Migration Hub

各種移行ツールの、アプリケーションの移行状況を追跡できるダッシュボードサービス。Migration Hub自体はオレゴンリージョンのみサポートしている。

AWS Application Discovery Service

オンプレミスのサーバの基本情報、使用状況、設定などのデータ収集サービス。Migration Hubに統合されている。

AWS Database Migration Service

同一DB製品間でのデータ移行、別DB製品への移行サービス。ソースとしてRDB以外にMongoDBがサポートされていたり、ターゲットとしてRDB以外にS3やDynamoDBがサポートされている。Migration Hubに統合されている。

AWS Server Migration Service

オンプレミスのVMwareまたはHyper-Vの仮想マシンをAWS クラウド環境に移行するサービス。Migration Hubに統合されている。

AWS Snowball

オンプレミスのサーバとS3との間で、オフラインでデータを移行するサービス。ペタバイトクラスのデータ移行が主なユースケースのひとつ。

ネットワーキング & コンテンツ配信

Amazon VPC

正式名称は Amazon Virtual Private Cloud で、AWS クラウドに作成できる仮想ネットワークサービス。サブネット、Elastic IP、セキュリティグループ、ネットワークACL、ゲートウェイ、ルートテーブルといったリソースが用意されている。

Amazon CloudFront

静的および動的Webコンテンツを配信するCDNサービス。HTTP/HTTPS経由でのWebコンテンツとRTMPを使用してのメディアファイルのストリーミングがサポートされている。

Amazon Route 53

フルマネージドなDNSサーバサービス。リソースのヘルスチェック(+DNSフェイルオーバー)、多様なルーティングポリシーとトラフィックポリシー、通常のレコードタイプのほかエイリアスレコードもサポートされている。

Amazon API Gateway

RESTful APIを作成、デプロイできるサービス。エンドポイントとして、Webサイト、Lambda関数、その他のAWSサービスがサポートされている。Swaggerファイルによるインポート/エクスポートがサポートされている。

AWS Direct Connect

オンプレミスのネットワークとAWSのネットワーク(VPC)を接続するプライベートネットワークサービス。一般的にDXと略される。

まとめ

まずはその1ということで、EC2を中心によく使われるサービスのまとめとなりました。

それでは、その2もお楽しみに!