AWS Summit Tokyo 2014 開催前の情報まとめ #awssummit

90件のシェア(ちょっぴり話題の記事)

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

いよいよ週明け、2014/07/17(木)〜2014/07/18(金)の2日間に亘り、グランドプリンスホテル新高輪にて『AWS Summit Tokyo 2014』が開催されます!当エントリではその開催を数日前に控えた現時点での、イベントに関する情報をおさらいする形で諸々情報をご紹介したいと思います。

aws-summit-tokyo-2014

目次

 

参加申込締切は2014/07/14(月)まで!

大事な事なので見出しを使って早めに伝えておきます。参加申込締切は2014/07/14(月)までとなりますので、参加申込がまだの人はお早めに登録を済ませておいてください!

AWS Summit Tokyo 2014 参加申込

 

スマホ用アプリも利用可能に!

AWS Summit個別のスマホ用アプリケーションがiPhone/Android双方で利用出来る様です!早速導入してみましたがTokyo版はまだ公開されていない模様。以前利用されていた人によると割と直近(前日・前々日辺り)に情報が更新されてくるとの事。

aws-modile-app-01 aws-modile-app-02

aws-modile-app-03 aws-modile-app-04

 

参加申込チケットのダウンロード&印刷を忘れずに!

イベントページには、以下の様な注意書きがあります。

ご登録完了メールに記載されているチケットダウンロードのリンクから、 チケットをダウンロードをお願いいたします。
※当日はチケットを印刷の上、会場にご持参ください。

当日は印刷したチケットが必要となりますので、忘れずに印刷を済ませておきましょう!手順については以下ページをご参照ください。

 

セッションタイムテーブル

イベントのメインとなる超豪華セッションの一覧です。

セッションはカテゴリ毎に分類されており、部屋も同様に分かれております。カテゴリの一覧はこちら。(※公式HPより転載)

カテゴリ 説明
Enterprise General 社内業務システムやデータセンターのクラウド移行など、企業ITインフラでの利用事例やソリューションをご紹介します。
Enterprise Advance ビッグデータやモバイル対応、マーケティングでの利用等、新たなIT活用分野での事例やソリューションをご紹介します。
Media & Entertainment メディア関連やゲーム等、コンシューマー向けサービスにおける利用事例やソリューション等をご紹介します。
Technology 話題のAWSサービスや、セキュリティ等関心の高い分野についてわかりやすくご紹介する技術トラックです。
Tech Deep Dive by Amazon アマゾンのソリューションアーキテクトが特定サービスを掘り下げてご紹介する上級者向け技術トラックです。
Tech Deep Dive by Customers AWSを深くご利用いただいているお客様による、実践的な情報をご提供する上級者向け技術トラックです。
EdTech & Research EdTechや研究分野、学内情報システム等、教育機関でのクラウド導入事例についてご紹介します。
E-Government on AWS オープンデータやGIS等、行政機関におけるクラウド導入事例についてご紹介します。
Night Event AWS ユーザーグループによる参加型アフターイベントを開催いたします。

 

そして以下がイベントタイムテーブルのまとめとなります!リンクを押下すると公式のセッション詳細紹介パートへ遷移します。イベント期間中のスケジューリングにご活用頂けますと幸いです。(作成した後に以下リンクのPDF版を発見したが、気にしない...|ω・`))

2014/07/17(木)

Time Keynote Keynote Satellite
10:30

11:50
[KEY-01] Day 1 基調講演 ~No Boundary~
[Keynote Satellite] グランドプリンスホテル新高輪 別会場にて基調講演の模様を上映(日本語通訳音声)
Time Enterprise
General
Enterprise
Advance
Media &
Entertainment
Technology Tech Deep Dive by
Amazon
Tech Deep Dive by
Customers
Ed Tech &
Research
12:10

13:00
(昼食)
[EG-01]
丸紅のクラウド戦略~AWSをコアに~
(休) (休) (休) [TA-01]
AWSビッグデータサービス Deep Dive
[TC-01]
ビッグデータだけじゃないAmazon DynamoDBの活用事例~CassandraからAmazon DynamoDBへの移行で見えたその特徴 ~
[EC-01]
AWS により加速する世界のEducation Technologyの最先端
13:20

14:00
[EG-02]
ノエビアホールディングスにおけるERP人事/会計システム短期移行事例
[EA-01]
新規事業をクラウドで完全構築!~パソナテックのクラウドソーシング「Job-Hub」のAWS活用~
[ME-01]
CloudFront、RedshiftなどAWSが支える動画広告の舞台裏~インフラのイノベーションがもたらす動画広告のイノベーション~
[TE-01]
Innovation the Amazon way: How to build innovation into the DNA of your company~イノベーティブなDNAを持つ組織の作り方 – アマゾンの場合~
[TA-02]
Amazon EBS ボリュームの性能特性と構成方法を習得する!
[TC-02]
Amazon Redshiftによるリアルタイム分析サービスの構築
[ED-02]
広島大学のクラウド化戦略 ~事務系システムから始めるクラウド化~
14:20

15:00
[EG-03]
ITインフラ基盤にAWSが選ばれている3つの理由~丸紅様事例にみるエンタープライズAWS導入の勘所~
[EA-02]
エンタープライズ事例にみるハイブリッドなクラウドの世界
[ME-02]
ユーザーの趣味嗜好に適した広告配信システムDynalystができるまで ~ AdTechSTUDIOでのAWS活用戦略~
[TE-02]
IoT (Internet of Things)時代に向けたビッグデータ解析
[TA-03]
Security Deep Dive
[TC-03]
鋳造CAEにおけるクラウド化への取り組み
[ED-03]
信州大学のクラウド化戦略
15:20

16:00
[EG-04]
マネックス証券における導入事例
[EA-03]
NTTドコモ事例から見るモバイル&クラウド時代のサービス開発について
[ME-03]
音楽配信・音楽データを取扱うレコチョクの挑戦
[TE-03]
NoSQL Strategy on AWS
[TA-04]
Active Directory on AWS
[TC-04]
HPC on AWS for HDD Development
[ED-04]
ビッグデータ時代の最先端IT研究とクラウドへの展開
16:20

17:00
[EG-05]
日本通運におけるマルチクラウド戦略 ~所有から利用に向けたアプローチ~
[EA-04]
オリックス・バファローズの挑戦!AWSを活用したファンビジネスのご紹介
[ME-04]
Amazon Android アプリストア の戦略とこれから
[TE-04]
The philosophy & design on AWS OpsWorks
[TA-05]
ミッションクリティカルな業務システムをAWSクラウドで実現するポイント~ SAP編 ~
[TC-05]
社内システムのAWS化プロジェクト
[ED-05]
日本初のMOOC “無料で学べる大学講座『gacco』(ガッコ)” でのAWS活用事例
17:20

18:00
[EG-06]
【パネルディスカッション】AWSを有効活用する為に、ユーザとシステムインテグレーターがすべき事とは~「エンタープライズAWS導入ガイド」の公開 ~
[EA-05]
【パネルディスカッション】大企業がベンチャーのサービスを使い始めた理由
[ME-05]
【パネルディスカッション】テレビとネットの融合の今と未来
[TE-05]
【パネルディスカッション】クラウド時代の運用
(休) (休) (休)

2014/07/18(金)

Time Keynote Keynote Satellite
10:30

11:50
[KEY-01] Day2 基調講演 ~Deep Dive to Enterprise~
[Keynote Satellite] グランドプリンスホテル新高輪 別会場にて基調講演の模様を上映(日本語通訳音声)
Time Enterprise
General
Enterprise
Advance
Media &
Entertainment
Technology Tech Deep Dive by
Amazon
Tech Deep Dive by
Customers
E-Government
on AWS
12:10

13:00
(昼食)
[EG-07]
【ランチセッション】西鉄ストアにおけるAWSでの管理会計システムの導入
(休) (休) (休) [TA-06]
Amazon CloudFrontを利用したサイト高速化およびセキュア配信
[TC-06]
基幹システムのクラウド化を実現するための実践的ノウハウ
[GV-01]
AWSにより加速する世界の政府システム革新の最先端
13:20

14:00
[EG-08]
ソニー銀行の考える金融機関のAWS活用方式
[EA-06]
クラウドなら出来る!すかいらーく事例に見るユーザ部門のユーザ部門による顧客のためのシステム構築術
[ME-06]
全世界の PS4(TM) をもっと楽しく、AWS で加速する PSN(SM) ゲームインフラの内側
[TE-06]
エンタープライズ向けAWSクラウドデザインパターンのご紹介(ネットワーク編)
[TA-07]
AWSクラウドにおける仮想デスクトップインフラ(VDI)実現のシナリオ
[TC-07]
AWS + Windows(C#)で構築する.NET最先端技術によるハイパフォーマンスウェブアプリケーション開発実践
[GV-02]
静岡県のGISはなぜAWSを使ったのか
14:20

15:00
[EG-09]
【パネルディスカッション】SAP on AWS クラウドファーストで起こすイノベーション
[EA-07]
AWS上のシステムはこう作る! Infrastructure As Code/Immutable Infrastructureを実践した構築自動化とHinemosで実現するクラウド運用自動化
[ME-07]
データで見るAWS運用監視ノウハウ 〜Webもゲームもエンタープライズも〜
[TE-07]
リアルな攻撃にそなえる!AWS上のエンタープライズシステムのセキュリティ実装
[TA-08]
Amazon Redshiftパフォーマンス・チューニング
[TC-08]
Amazon Kinesisを用いたリアルタイムのゲーム分析システムと、AWS ElasticBeanstalk&Amazon DynamoDB を活用したゲーム運営
[GV-03]
BODIC.org (BigData & OpenData in the Cloud) ~ビッグデータ&オープンデータをクラウド上でもっと使いやすく!~
15:20

16:00
[EG-10]
HOYA財務部が選択したSAP on AWS ~ユーザー主導によるクラウドファースト~
[EA-08]
AWSを活用した次世代CRMプラットフォーム ~MUJI passport とデジタルマーケティング戦略~
[ME-08]
モバイルゲームの全世界オンライン対戦を実現する方法を考察する
[TE-08]
実用フェーズにはいったHPCクラウドの実力
[TA-09]
Amazon Kinesis Deep Dive
[TC-09]
AutoScale×ゲーム 〜運用効率化への取り組み〜
[GV-04]
未来を握るエンジニア、攻める地方行政とオープンデータが創るセマンティックWeb社会
16:20

17:00
[EG-11]
オープンソース & 内製化 & クラウド移行で、情報系システムを進化させた、積水化学グループ
[EA-09]
AWSのスケーラビリティを最大限に活用したKOSEの店頭支援システム「K-PAD」のご紹介
[ME-09]
スマホゲームを支えるインフラ運用(仮)
[TE-09]
エンタープライズ向けAWSクラウドデザインパターンのご紹介(BCP/DR編)
[TA-10]
Amazon DynamoDB テーブル設計と実践 Tips
[TC-10]
【初公開】チャットワーク検索機能を支える技術
[GV-05]
医療クラウドにより救急医療の質向上を実現する「e-MATCH」 ~三重県での導入の狙いとクラウドの役割とは~
17:20

18:00
[EG-12]
【パネルディスカッション】クラウド導入はユーザー主導で! E-JAWS激論パネル
[EA-10]
【パネルディスカッション】 クラウドで実現する次世代マーケティングとは?
[ME-10]
【パネルディスカッション】徹底討論!ゲームプラットフォーマーのクラウド活用法
[TE-10]
【パネルディスカッション】クラウド時代到来。国産パッケージベンダーが取るべき製品戦略とは? (MIJS - Amazon共同企画セッション)
(休) (休) (休)
19:00

20:30
[NE-01]
Night Event: JAWS-UG 勉強会 in AWS Summit Tokyo 2014

 

その他企画・催し者等

イベント当日はこの他にも様々な企画や展示等が同時で催されています。ざっとご紹介。

 

AWS認定試験(有償)

イベント期間中は、以下の試験を日本語で受験可能です。

  • AWS認定ソリューションアーキテクトープロフェッショナルレベル(AWS Summit Tokyo会場にて先行提供!一般提供開始7月19日)
  • AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイトレベル
  • AWS 認定デベロッパー – アソシエイトレベル
  • AWS 認定 SysOps アドミニストレーター – アソシエイトレベル

上記の様に、当日初お披露目となる試験もありますし、日頃AWSを利用されている方は力試しに受験してみてはいかがでしょうか?(※有料です)。

試験の詳細については以下ページをご参照ください。

 

セルフスペースラボ

AWSアカウントを作っていなくてもAWSクラウドを体験出来るというコーナーです。『各AWS分野の専門家が設計したハンズオントレーニングラボでは、ステップバイステップの指導の下で、AWS のテクノロジーを自信を持って使えるようになります。』(公式ページより転載)との事なので、現在アカウントをお持ちで無い方、AWSを使い始めてみたいという方は是非このコーナーにてAWSを体験してみてはいかがでしょうか

 

協賛スポンサー様展示ブース&ミニシアターセッション

イベント当日は各社スポンサー企業様による展示ブースが開かれております。また『ミニシアターセッション』なるものも展示スペース内で展開される模様。こちらもご興味のある方は是非お立ち寄りください。

 

ナイトイベントも熱い!『JAWS-UG 勉強会 in AWS Summit Tokyo 2014』

2日目最終セッション終了後は懇親会的催し物として同会場で『JAWS-UG 勉強会 in AWS Summit Tokyo 2014』なるイベントが開催されます。トークありLTあり、優勝者には『re:Invent 2014』の参加資格がプレゼントされるという『ウルトラクイズ』あり。

概要:
全国に45支部まで拡大しているAWS のユーザーグループ、JAWS-UG の勉強会を今年も AWS Summit 内で開催いたします! 恒例の「AWS ウルトラクイズ」と大盛況の「ライトニングトーク(LT) 4連発!」に加えて、なんと今年は Amazon CTO の Werner Vogels と JAWS-UG メンバーによるパネルティスカッションを予定!パネルディスカッションでは、会場参加型で Werner に直接質問をぶつけてキワドイ回答を引き出します!
AWS ウルトラクイズの優勝者には、11 月にラスベガスで開催される AWS のユーザーカンファレンス、re:Invent にご招待いたします!

パネルティスカッション ワーナー x JAWS-UG
 Werner Vogels(CTO / Amazon.com,Inc.)、JAWS-UGメンバー

ライトニングトーク:
 JAWS-UG 福岡支部長 兼 女子会代表 小室文 @ayakomuro
 JAWS-UG 大阪支部長 比企 宏之 @unioce
 めがね 大串 肇 @megane9988
 AWS芸人 清水 崇之 @shimy_net

AWS ウルトラクイズ:
 玉川 憲(アマゾン データ サービス ジャパン株式会社 技術統括部長)
 大谷 晋平(アマゾン データ サービス ジャパン株式会社 ソリューションアーキテクト)

ご参考までに、前回AWS Summit 2013での同イベント内容をフォトレポートでお伝えしたものが以下ブログエントリとなります。雰囲気のご参考に。

まとめ

以上、AWS Summit 2014 Tokyoの開催前お知らせでした。前回2013年同様、いやそれ以上の豪華さで展開されるであろうAWS Summit Tokyo 2014。皆様の参加を是非お待ちしております。(クラスメソッド社員も多数参加予定です。)

AWS Summit Tokyo 2014 参加申込