AWS Summit 2018 New York で早速、認定者ラウンジにいってきた! #AWSSummit

112件のシェア(ちょっぴり話題の記事)

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

こんにちは、菊池です。

本日は、アメリカ、ニューヨークで開催されているAWS Summit 2018 New Yorkにきています!AWS Summitといえば、認定者ラウンジということで、早速いってきました!

Certificate Lounge

認定者ラウンジは、AWS Summitやre:Invent会場に用意される、AWS認定を取得した者のみが入場できるスペースです。ソファーや飲み物などが用意され、混雑した会場内でゆっくりとリラックスすることができます。

今回のAWS Summit New York会場では、Expo展示内の一画に認定者ラウンジが用意されていました。

入り口で、登録パスを見せると、認定の取得状況をチェックしてくれます。パスに「AWS CERTIFIED」のシールを貼って入場しましょう。なお、9つの認定全てを取得していると、「Oh! You are Perfect!! Nice work!!」と言ってもらえます。

ラウンジ内はこんな感じです。中央に、ドリンクなどが置かれていますので、自由に頂くことができます。

ソファーも用意されていますので、リラックスしてブログの執筆もできそうです。

我々にとって非常に重要な、電源も完備。PCやモバイルを充電できます。

さて、お待ちかねのラウンジ限定のノベルティです。1つは昨年のre:Inventから配布されている認定ステッカー。受付時に取得した認定のものがもらえます。以前から配布されているのと基本的に同じものでしたが、先日新しく登場した、Security Specialtyが追加されています。

そしてこちらがProfessional認定者がもらえる、キーホルダーです。

さいごに

どうでしょうか。AWS Summitやre:Inventなど、AWSのイベントを快適にすごすためにぜひ利用していきたいと思います。

今回、初めてニューヨークのAWS Summitに参加していますが、AWS認定は世界共通で通用する認定であることを改めて実感しました。これからAWSを勉強し、認定取得を目指していきたいという方はぜひこちらもご検討ください!

[5週連続][東京/大阪/札幌/福岡][AWS事業本部採用説明会] 夏だ!転職だ!激速で駆け上がるスペシャリストへの道 #AWS #エンジニア #プロマネ #営業職 #採用