AWS Lambda で Python 3.8 ランタイム がサポートされました

AWS チームのすずきです。

Python 3.8 をサポートした AWS Lambda、試す機会がありましたので紹介させていただきます。

マネジメントコンソール

ランタイム

「Python 3.8」を、Lambda関数のランタイムとして選択可能になりました。

関数コード

Python 3.8 でサポートされた「セイウチ演算子」(:=) を含むコード、テスト実行してみました。

実行コード

import sys
def lambda_handler(event, context):
    if (a := sys.version_info):
        print(a)

結果

Python の マイナーバージョン「8」である事を確認できました。

sys.version_info(major=3, minor=8, micro=0, releaselevel='final', serial=0)

まとめ

2019年10月にリリースされた Python 3.8、 AWS Lambda で利用が可能となりました。

AWS Lambda のランタイムサポート、Python に ついては廃止スケジュールは提示されていませんが、 python.org では、Python 2.6 は 2020年1月、Python 3.6 は 2021年12月の エンドオブライフ(EoL) が案内されています。

CloudFormation 対応や ブループリント(設計図) はこれから整理されると思われますが、 Pythonコードの実行環境として AWS Lambdaを利用する場合には、 サポート期間の長さが期待できる Python 3.8 のランタイムも候補としてご検討ください。