[アップデート] Amazon EC2のサービスレベル契約が変更され、SLA 99.99%に!

アイキャッチ AWS EC2
145件のシェア(ちょっぴり話題の記事)

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

はじめに

今日ご紹介するアップデートはこちら。

詳細

Amazon EC2のサービスレベル契約(Service Level Agreement、SLA)が変更されました。具体的にはEC2とEBSの月間のサービスコミットメントが99.95%から99.99%に引き上げられました!この変更は直ちに全てのリージョンの全てのEC2に適用されます。EC2及びEBSの月間の稼働率が定義されたパーセンテージを下回った場合、サービスクレジットが支払われます。

最新のAmazon EC2サービスレベル規約は以下です。

なお、今まで適用されていたAmazon EC2サービスレベル規約は以下です。2013年1月にリリースされたものなので、なんと4年ぶりの改定となります。

今回改定された箇所は2箇所。

1つめ

AWS will use commercially reasonable efforts to make Amazon EC2 and Amazon EBS each available with a Monthly Uptime Percentage (defined below) of at least 99.95%, in each case during any monthly billing cycle (the “Service Commitment”).

AWS will use commercially reasonable efforts to make Amazon EC2 and Amazon EBS each available with a Monthly Uptime Percentage (defined below) of at least 99.99%, in each case during any monthly billing cycle (the “Service Commitment”).

2つめ

以前のサービスレベル規約では、月間稼働率が99.0%を下回った場合は30%、99.0から99.95%の間では10%のサービスクレジットが支払われることになっていました。

Monthly Uptime Percentage | Service Credit Percentage
Less than 99.95% but equal to or greater than 99.0% | 10%
Less than 99.0% | 30%

今回の改定で、月間稼働率が99.0%を下回った場合は30%、99.0から99.99%の間では10%のサービスクレジットが支払われます。

Monthly Uptime Percentage | Service Credit Percentage
Less than 99.99% but equal to or greater than 99.0% | 10%
Less than 99.0% | 30%

さいごに

これもAWSのサービス品質が継続的に向上した成果ですね。今後も安心して利用出来ますね!