2019年1月にAWS Fargateが大幅値下げしたのでEC2との価格比を確認してみた

197件のシェア(すこし話題の記事)

大栗です。

コンテナの実行環境であるAWS Fargateが大幅値下げになりました!今までEC2と比べてかなり割高でしたが、値下げになりどうなったのか確認してみます。

AWS Fargateの大幅値下げ

AWS Fargateは仮想マシンやホストOSを管理せずにコンテナを直接起動できるマネージドサービスです。以下のようにCPUが20%引き、メモリが65%引きとなりました

リージョン 新料金: CPU コア/時 新料金: メモリ GB/時 旧料金: CPU コア/時 旧料金: メモリ GB/時 割引率: メモリ 割引率: CPU
米国東部 (バージニア北部) $ 0.04048 $ 0.004445 $ 0.0506 $ 0.0127 65% 20%
米国東部 (オハイオ) $ 0.04048 $ 0.004445 $ 0.0506 $ 0.0127 65% 20%
米国西部 (北カリフォルニア) $ 0.04656 $ 0.00511 $ 0.0582 $ 0.0146 65% 20%
米国西部 (オレゴン) $ 0.04048 $ 0.004445 $ 0.0506 $ 0.0127 65% 20%
アジアパシフィック (ムンバイ) $ 0.04256 $ 0.004655 $ 0.0532 $ 0.0133 65% 20%
アジアパシフィック (ソウル) $ 0.04656 $ 0.00511 $ 0.0582 $ 0.0146 65% 20%
アジアパシフィック (シンガポール) $ 0.05056 $ 0.00553 $ 0.0632 $ 0.0158 65% 20%
アジアパシフィック (シドニー) $ 0.04856 $ 0.00532 $ 0.0607 $ 0.0152 65% 20%
アジアパシフィック (東京) $ 0.05056 $ 0.00553 $ 0.0632 $ 0.0158 65% 20%
カナダ (中部) $ 0.04456 $ 0.004865 $ 0.0557 $ 0.0139 65% 20%
EU (フランクフルト) $ 0.04656 $ 0.00511 $ 0.0582 $ 0.0146 65% 20%
EU (アイルランド) $ 0.04048 $ 0.004445 $ 0.0506 $ 0.0127 65% 20%
EU (ロンドン) $ 0.04656 $ 0.00511 $ 0.0582 $ 0.0146 65% 20%

EC2との比較

代表的なEC2のインスタンスタイプとして、汎用のm5.large、コンピューティング最適化のc5.large、メモリ最適化のr5.largeのスペックと同等の場合に価格を比較してみました。CPUのモデルやネットワーク/ディスクパフォーマンスなどが異なりますが、vCPU数とメモリサイズに絞って試算してみます。(FargateのCPUモデルはM4系と同等との話もありますが今回の記事では気にしません)

インスタンスタイプ vCPU メモリ
m5.large 2 8
c5.large 2 4
r5.large 2 16

Fargateがリリースされた当時はm4.largeと比較して2倍程度の料金になっており、かなり割高な印象でした。

【AWS】AWS Fargateの利用料金を試算した #reinvent

汎用 m5.large

m5.largeと同等のスペックの場合は、Fargateで 8.9 〜 21.4% の割増となっています。

リージョン m5.large Fargate試算 割増率
対 m5.large
米国東部 (バージニア北部) 0.096 0.11652 21.4%
米国東部 (オハイオ) 0.096 0.11652 21.4%
米国西部 (北カリフォルニア) 0.112 0.134 19.6%
米国西部 (オレゴン) 0.096 0.11652 21.4%
アジアパシフィック (ムンバイ) 0.101 0.12236 21.1%
アジアパシフィック (ソウル) 0.118 0.134 13.6%
アジアパシフィック (シンガポール) 0.12 0.14536 21.1%
アジアパシフィック (シドニー) 0.12 0.13968 16.4%
アジアパシフィック (東京) 0.124 0.14536 17.2%
カナダ (中部) 0.107 0.12804 19.7%
EU (フランクフルト) 0.115 0.134 16.5%
EU (アイルランド) 0.107 0.11652 8.9%
EU (ロンドン) 0.111 0.134 20.7%

コンピューティング最適化 c5.large

c5.largeと同等のスペックの場合は、Fargateで 2.9 〜 25.8% の割増となっています。

リージョン c5.large Fargate試算 割増率
対 c5.large
米国東部 (バージニア北部) 0.085 0.09874 16.2%
米国東部 (オハイオ) 0.085 0.09874 16.2%
米国西部 (北カリフォルニア) 0.106 0.11356 7.1%
米国西部 (オレゴン) 0.085 0.09874 16.2%
アジアパシフィック (ムンバイ) 0.085 0.10374 22.0%
アジアパシフィック (ソウル) 0.096 0.11356 18.3%
アジアパシフィック (シンガポール) 0.098 0.12324 25.8%
アジアパシフィック (シドニー) 0.111 0.1184 6.7%
アジアパシフィック (東京) 0.107 0.12324 15.2%
カナダ (中部) 0.093 0.10858 16.8%
EU (フランクフルト) 0.097 0.11356 17.1%
EU (アイルランド) 0.096 0.09874 2.9%
EU (ロンドン) 0.101 0.11356 12.4%

メモリ最適化 r5.large

ムンバイではr5.largeが提供されていないため、比較していません。

c5.largeと同等のスペックの場合は、Fargateで 7.9 〜 24.9% の割増となっています。

リージョン r5.large Fargate試算 割増率
対 r5.large
米国東部 (バージニア北部) 0.126 0.15208 20.7%
米国東部 (オハイオ) 0.126 0.15208 20.7%
米国西部 (北カリフォルニア) 0.14 0.17488 24.9%
米国西部 (オレゴン) 0.126 0.15208 20.7%
アジアパシフィック (ムンバイ) - 0.1596 -
アジアパシフィック (ソウル) 0.152 0.17488 15.1%
アジアパシフィック (シンガポール) 0.152 0.1896 24.7%
アジアパシフィック (シドニー) 0.151 0.18224 20.7%
アジアパシフィック (東京) 0.152 0.1896 24.7%
カナダ (中部) 0.138 0.16696 21.0%
EU (フランクフルト) 0.152 0.17488 15.1%
EU (アイルランド) 0.141 0.15208 7.9%
EU (ロンドン) 0.148 0.17488 18.2%

EC2とFargateの価格比サマリ

以下のように概ね25%以下の料金がEC2に比べて増えています。しかし、仮想マシンやホストの実行オーバーヘッドやOSの管理が不要になるという大きな利点を加味すると、十分に妥当な料金かむしろ割安ではないかと考えられます。

インスタンスタイプ 最低割増率 最高割増率
m5.large 8.9% 21.4%
c5.large 2.9% 25.8%
r5.large 7.9% 24.9%

さいごに

FargateはEC2の管理が不要でコンテナを簡単に起動できるので、EC2上にデプロイするECSなど比べて運用コストを下げることができます。しかし、今まではEC2と比較して割高であったため大規模には利用しにくい状況でしたが、料金が安くなって使いやすくなりました。今後はEC2と同様に利用量をコミットする代わりに安くなるリザーブドキャパシティが導入してほしいです。そうすると更に低価格にコンテナ環境を導入できるようになり助かります。