Webサイトの稼働状況を確認するダッシュボードをCloudFormationで作成する

大栗です。

ウェブサイトの死活監視を行う場合には、管理ツールやサービスを利用して稼働率を確認します。AWSではCloudWatchのダッシュボードを利用するのが手っ取り早く行うことができます。CloudFormationでダッシュボードを作成してみたのでご紹介します。

WebsiteAvailabilityDashboard

Githubにアップしました。

maroon1st/WebsiteAvailabilityDashboard

簡単な構成になっています。

  1. Route 53のヘルスチェックで死活監視を行う。
  2. ヘルスチェック結果のメトリクスをCloudWatchのダッシュボードで直近30日の稼働率サマリと稼働状況を表示します。

費用

AWSの費用は以下のように発生します。

  • Route 53 ヘルスチェック: 0.50 USD(HTTP) or 1.00 USD(HTTPS)
  • CloudWatchダッシュボード: 3.00 USD

合計で3.5 USD(HTTPSは4 USD)となります。

やってみる

Route 53はグローバルのサービスで、メトリクスはバージニア北部に出力されます。そのためリージョンをバージニア北部にして、CloudFormationのコンソールを開きましょう。

スタックの作成をクリックします。

テンプレートをアップロードします。

適切なパラメータを指定します。内容の詳細はREADMEを参照ください。

それ以降はウィザード通りに進めるとスタックが作成されます。

少し待つとスタックが完成します。

出力タブのDashboardURLをクリックします。

簡易的ですが、このようにダッシュボードが表示されます。

さいごに

障害は様々なレベルで発生する可能性があるので、稼働の実態を確認することが重要です。皆様がよく利用される東京リージョンと異なるバージニア北部に配置されるので、障害に巻き込まれにくく丁度良いかと思います。