【アップデート】Amazon DynamoDBが従量課金で利用できるようになりました! #reinvent

ついに来た、従量課金

re:Invent 2018のキーノート1日目に「Amazon DynamoDBの従量課金サポート」が発表されました!

これまでの課題

これまでDynamoDBは常にRead CapacityとWrite Capacityを気にしながら設計・開発・運用を行わなければいけませんでした。

特に運用面については突然のスパイクの耐えうるようにRead CapacityやWrite Capacityを多めに確保しておくなどの対応が必要だったり、または

いくらでも利用でき、後から従量課金で請求される方がビジネス的に困らないケースはかなり多かったと思います。このアップデートは熱いです!

いつから利用できる?

DynamoDBが利用できる全てのリージョンで、今から利用可能です!

新規テーブルを作成する際に選べるようになっています。

なお、すでに作成済みのテーブルを後から変更することも可能です!

まとめ

突然のバーストがあっても、もっとも大事なサービスの維持が実現しやすくなるはずです。

とはいえ、ご利用は計画的にw