東京リージョンでNITRO世代のインスタンス、メモリ最適化「R5」と高クロックCPU「Z1d」が利用可能になりました

アイキャッチ AWS EC2

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

はじめに

AWSチームのすずきです。

2018年7月に米国のリージョンでリリースされていた、NITRO世代のメモリ最適化インスタンス「R5」と、高クロックCPUを搭載しCPUコンピュート/メモリ集中インスタンス「Z1d」が 東京リージョンでも利用可能になりました。

東京リージョンで「r5.large」と「z1d.large」のEC2インスタンスを起動してみましたので、紹介させて頂きます。

【速報】Amazon EC2にメモリ最適化のR5とコンピュート/メモリ集中のZ1dが登場!

起動

メモリ最適化インスタンス(現行世代)として、「R5」「Z1d」がAWS東京リージョンで選択可能になりました。

ローカル NVMe ベースの SSD ストレージを利用できる「R5d」は2018年9月24日時点では東京リージョンでは選択できませんが、 「M5d」「C5d」同様、遅れてのリリースになると予想されます。

[EC2] NVMe SSD ローカルストレージ搭載!C5dインスタンスが登場しました

CPU情報

Amazon Linux2の「lscpu」コマンドを利用し、CPU情報を確認しました。

$ uname -a
Linux ip-172-31-13-219.ap-northeast-1.compute.internal 4.14.62-70.117.amzn2.x86_64 #1 SMP Fri Aug 10 20:14:53 UTC 2018 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux
$ cat /etc/system-release
Amazon Linux 2
$ lscpu --version
lscpu from util-linux 2.30.2

r5.large


$ lscpu
Architecture:        x86_64
CPU op-mode(s):      32-bit, 64-bit
Byte Order:          Little Endian
CPU(s):              2
On-line CPU(s) list: 0,1
Thread(s) per core:  2
Core(s) per socket:  1
Socket(s):           1
NUMA node(s):        1
Vendor ID:           GenuineIntel
CPU family:          6
Model:               85
Model name:          Intel(R) Xeon(R) Platinum 8175M CPU @ 2.50GHz
Stepping:            4
CPU MHz:             3110.076
BogoMIPS:            5000.00
Hypervisor vendor:   KVM
Virtualization type: full
L1d cache:           32K
L1i cache:           32K
L2 cache:            1024K
L3 cache:            33792K
NUMA node0 CPU(s):   0,1
Flags:               fpu vme de pse tsc msr pae mce cx8 apic sep mtrr pge mca cmov pat pse36 clflush mmx fxsr sse sse2 ss ht syscall nx pdpe1gb rdtscp lm constant_tsc rep_good nopl xtopology nonstop_tsc cpuid aperfmperf pni pclmulqdq ssse3 fma cx16 pcid sse4_1 sse4_2 x2apic movbe popcnt tsc_deadline_timer aes xsave avx f16c rdrand hypervisor lahf_lm abm 3dnowprefetch invpcid_single pti fsgsbase tsc_adjust bmi1 hle avx2 smep bmi2 erms invpcid rtm mpx avx512f avx512dq rdseed adx smap clflushopt clwb avx512cd avx512bw avx512vl xsaveopt xsavec xgetbv1 xsaves ida arat pku ospke

z1d.large

$ lscpu
Architecture:        x86_64
CPU op-mode(s):      32-bit, 64-bit
Byte Order:          Little Endian
CPU(s):              2
On-line CPU(s) list: 0,1
Thread(s) per core:  2
Core(s) per socket:  1
Socket(s):           1
NUMA node(s):        1
Vendor ID:           GenuineIntel
CPU family:          6
Model:               85
Model name:          Intel(R) Xeon(R) Platinum 8151 CPU @ 3.40GHz
Stepping:            4
CPU MHz:             4024.037
BogoMIPS:            6800.00
Hypervisor vendor:   KVM
Virtualization type: full
L1d cache:           32K
L1i cache:           32K
L2 cache:            1024K
L3 cache:            25344K
NUMA node0 CPU(s):   0,1
Flags:               fpu vme de pse tsc msr pae mce cx8 apic sep mtrr pge mca cmov pat pse36 clflush mmx fxsr sse sse2 ss ht syscall nx pdpe1gb rdtscp lm constant_tsc rep_good nopl xtopology nonstop_tsc cpuid aperfmperf pni pclmulqdq ssse3 fma cx16 pcid sse4_1 sse4_2 x2apic movbe popcnt tsc_deadline_timer aes xsave avx f16c rdrand hypervisor lahf_lm abm 3dnowprefetch invpcid_single pti fsgsbase tsc_adjust bmi1 hle avx2 smep bmi2 erms invpcid rtm mpx avx512f avx512dq rdseed adx smap clflushopt clwb avx512cd avx512bw avx512vl xsaveopt xsavec xgetbv1 xsaves ida arat pku ospke

「R5」インスタンスのCPUは、最大3.1GHz駆動の「Intel(R) Xeon(R) Platinum 8175M」。 「Z1d」インスタンスのCPUは、最大4GHz駆動の Intel(R) Xeon(R) Platinum 8151 である事が確認できました。

7月にオレゴンリージョンの測定では「Z1d」のCPUモデル名が識別できていませんでしたが、 おそらく「lscpuコマンドのアップデートにより、CPU型番が明示される様になったと思われます。

新しいEC2インスタンスファミリーR5, R5d, Z1dが利用可能になりました。

価格

2018年9月現在、AWS東京リージョンで、OS種別は「Linux/UNIX」のインスタンスを720時間利用した費用を求めました。

インスタンスタイプ vCPU ECU メモリ (GiB) インスタンスストレージ (GB) 1時間料金(USD) 月額料金(USD)
r5.large 2 10 16 GiB EBS のみ 0.152 109.44
r5.xlarge 4 19 32 GiB EBS のみ 0.304 218.88
r5.2xlarge 8 38 64 GiB EBS のみ 0.608 437.76
r5.4xlarge 16 71 128 GiB EBS のみ 1.216 875.52
r5.12xlarge 48 173 384 GiB EBS のみ 3.648 2626.56
r5.24xlarge 96 347 768 GiB EBS のみ 7.296 5253.12
r4.large 2 7 15.25 GiB EBS のみ 0.16 115.2
r4.xlarge 4 13.5 30.5 GiB EBS のみ 0.32 230.4
r4.2xlarge 8 27 61 GiB EBS のみ 0.64 460.8
r4.4xlarge 16 53 122 GiB EBS のみ 1.28 921.6
r4.8xlarge 32 99 244 GiB EBS のみ 2.56 1843.2
r4.16xlarge 64 195 488 GiB EBS のみ 5.12 3686.4
z1d.large 2 15 16 GiB 1 x 75 NVMe SSD 0.227 163.44
z1d.xlarge 4 28 32 GiB 1 x 150 NVMe SSD 0.454 326.88
z1d.2xlarge 8 53 64 GiB 1 x 300 NVMe SSD 0.908 653.76
z1d.3xlarge 12 75 96 GiB 1 x 450 NVMe SSD 1.362 980.64
z1d.6xlarge 24 134 192 GiB 1 x 900 NVMe SSD 2.724 1961.28
z1d.12xlarge 48 271 384 GiB 2 x 900 NVMe SSD 5.448 3922.56

まとめ

東京リージョンで利用可能なNITRO世代のEC2インスタンスとして、汎用インスタンスの「T3」「M5」、CPU最適化「C5」、メモリ最適化「R5」の選択が可能になりました。

「R5」は 従来の「R4」インスタンスと比較して、5%廉価なオンデマンド料金で利用可能です。 さらに同等スペックでEC2のCPUの相対性能を示したECU値の比較では、約25〜30%の性能向上も期待できます。

メモリ最適化のEC2インスタンスを利用される際、拡張ネットワーキング(ENA)に対応したAMI、OSを利用可能な場合には、コストパフォーマンスに優れる「R5」を第一候補としてお試し頂ければと思います。

参考