[小ネタ]RDS for SQL Serverのメジャーアップデートに失敗した話

はじめに

瀬田@大阪オフィスです。
RDSはバージョンが強制アップグレードされる(個人的には)素晴らしい前提で運用が必要となりますが、うまくいかなかった時のためにひとつ対応方法を ご紹介します。

問題

RDS for SQL Server2008からのバージョンアップをマネジメントコンソールから実施した時のこと、以下のエラーが発生しました。んー、パラメータがおかしいようです。

Service: AmazonRDS; Status Code: 400; Error Code: InvalidParameterCombination; 

対応

マネジメントコンソールがだめならCLIだ!ということで以下のコマンドを実行してみます。
メジャーアップデートあり、変更を即反映する内容のコマンドなので注意してください。

aws rds modify-db-instance --db-instance-identifier [対象 DB インスタンス名] --engine-version [アップグレード先バージョン番号] --allow-major-version-upgrade --apply-immediately

コマンド詳細は以下をご確認ください。
DB インスタンス のエンジンバージョンのアップグレード

最後に

今回はこれでうまくいきました。全ての状況に対応できるかは不明ですが、試してみる価値はあると思います。